*かごには何も入っていません。

「種を蒔くデザイン展」のオンライントークに皆川が参加いたします。3月29日

2021.03.25

photo: 繁延あづさ

農、環境問題、そして風土をテーマに長崎・雲仙で開催中の「種を蒔くデザイン展」。
オンラインで楽しむことができるこの展覧会の最終日3月29日(月)のオンライントークに皆川が参加いたします。

種を蒔くデザイン展
会期:3月13日(新月)〜29日(満月)
※会期終了後も、ウェブ上にアーカイブされた画像や映像は引き続きご覧いただけます。

種を蒔くデザイン展は4つの展で構成されています。
1、プラスチックフリーの八百屋展
2、城谷耕生プロダクトデザイン展
3、種を蒔く仕事展
4、種を蒔く料理展

以下、展覧会を主宰されているタネトの奥津爾さんの言葉です。

「現代経済社会では、規格外として流通から
外される在来種の野菜たち。
しかし本来は、一代限りで終わることのない、
100年1000年続いていく生命力を宿した種です。

このデザイン展はそんな種たちのように
消費されるためでなく、
普遍的で、未来の子どもたちへ残す
意思と確かさを宿したデザイン展を目指しています。

孫たちが生きる次代に思いを馳せて、
僕らに何ができるのか、皆さんと共に
考える時間になれば、本当に嬉しいです。

タネト店主 奥津爾」

種を蒔くデザイン展 CAST
岩崎政利、城谷耕生、皆川明、原田祐馬、柳原照弘、エフスタイル、omoto、原川慎一郎、オカズデザイン、船山義、food+things、今井義浩(monk)、奥津典子、オーガニックベース、haruka nakamura、宗像堂、POMPONCAKES、青果ミコト屋、中里隆、小野哲平、野口悦士、郡司製陶所、繁延あづさ、伊藤徹也、安彦幸枝、八木夕菜、Sai、タネト

奥津爾

×皆川明のトーク
3月29(月)16:30〜
トークの様子は、こちらのインスタグラムアカウントにて、ライブ直後よりご覧いただけます他、4月には「種を蒔くデザイン展」のウェブサイトでも公開されます。
ウェブで公開されましたらこちらのホームページにて、またお知らせをさせていただきます。

私たちが生きていくために必要な種。全ての生き物にとって、とても大切な存在である種に、真摯に向き合い続けている方々が長崎・雲仙にいらっしゃいます。今回の「種を蒔くデザイン展」を機に、これまでとは違う視点で種について考えてみませんか?

ミナ ペルホネンからのお知らせを、メールでお受け取りいただけます。