2018.12.07

12月15日(土)より、新しいインテリアファブリックを発売いたします。
京都店、金沢店、松本店、materiaali、metsäでの展開です。

幾重にも糸を重ねた、空気を含むような柔らかな粒の集積、“tambourine”。
この度は経糸にリネン、緯糸にウールを交織した表情豊かな生地に“tambourine"の図案をのせたファブリックをご用意いたしました。
表面に凹凸が浮きたつジョーゼット組織の生地には、さざ波のように静かな陰影が美しく広がります。

暖かな灯りに似合う奥行きのある色合い。
クッションカバーや小さな窓のカーテンなどインテリアの彩りに、取り入れていただけましたら幸いです。
店頭、metsäにてぜひご覧くださいませ。

-tambourine
linen 50% wool 50%(生地巾 148cm)
生地色 × 刺繍色
light beige × olive
gray × light beige
dark navy × brown
¥16,500/m +tax

*インテリアファブリックのカットは、1m以上50cm単位で承ります。
*発売日初日はたくさんのお客様のご来店が予想されますので、ご購入頂ける長さをおひとりさま全種類合わせて合計5mまでとさせていただきます。
また、誠に恐れ入りますが当日の状況により販売メーター数をさらに制限させていただく場合がございます。
なお、小分けのカットは承ることができませんのでご了承くださいませ。
*オープン時間よりも早くお並びいただいたお客様には、オープン時間の1時間前より整理券をお渡しいたします。整理券の番号順に、対応させていただきます。
*metsäでは12月15日(土)正午より掲載いたします。機器・wifi環境により、お客様の画面での反映時間に掲載時刻の前後10分ほど誤差が生まれることがあります。

通信販売:12月18日(火)より、完売前の商品につきましては通信販売を承ります。

さまざまに制限があり大変恐れ入りますが、お客様にお並びいただくことや、店内でお待ちいただく時間を少しでも短くできるよう努めて参ります。
どうかご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ:
京都店 075-353-8990
金沢店 076-223-3722
松本店 0263-38-0137
materiaali 03-6821-3737
インフォメーションデスク 03-5793-3700


つづき

2018.12.06

湘南T-SITEにて先行発売されておりましたthermo mug × minä perhonenの製品を、12月8日(土)より直営店でも発売いたします。
金沢店、松本店、materiaali、piece, 東京、piece, 京都、callの店頭と、metsäでの展開です。

ある日の森の景色が描かれた“one day”の図案をのせた、保温、保冷機能を持つthermo mugのUmbrella BottleとTank。
whiteとnavyの2色展開です。

1年の感謝をこめて、大切なご家族やご友人への贈り物として、
中にお菓子やスペシャルなドリンクをつめて、アウトドアでのサプライズなどにもいかがでしょうか。

-Umbrella Bottle- “one day” -(タンブラー) ¥3,200 +tax
-Tank- “one day” -(コンテナ) ¥4,000 +tax
white / navy

*オープン時間よりも早くお並びいただいたお客様には、オープン時間の1時間前より整理券をお渡しいたします。整理券の番号順に、対応させていただきます。
*metsäでは12月8日(土)正午より掲載いたします。機器・wifi環境により、お客様の画面での反映時間に10分前後の誤差が生まれることがあります。
*湘南T-SITEのPOP UP SHOPでも12月8日(土)より再入荷いたします。kotiでの販売はございませんのでご注意ください。
*通信販売:12月11日(火)より、完売前の商品につきましては通信販売を承ります。
*誠に恐れ入りますが、おひとり様につき各アイテム、各色1点までの販売とさせていただきます。

お問い合わせ:
金沢店 076-223-3722
松本店 0263-38-0137
materiaali 03-6821-3737
piece, 東京 03-6440-0163
piece, 京都 075-353-8937
call 03-6825-3733
インフォメーションデスク 03-5793-3700


つづき

2018.12.04

街は一層クリスマスの輝きで彩られ、いよいよ冬がやってきたことを感じます。
callでは、この度はじめてクリスマスディナーを開催します。
カフェ「家と庭」の皆川貴之シェフによる六皿のコースは、callマーケットでもお馴染みの生産者が作る食材が楽しめる内容で、日本を旅するように一皿ずつ国内各地の食材から成っています。
そして、お食事と一緒に楽しむことができるのは、祐天寺にある10席ほどのワイン食堂「margo」の小島麻貴二さん監修によるワインペアリング。
一皿一皿とのマリアージュをお楽しみいただけるように、5種類のワインを選んでいただきました。

豊かな旅を楽しむようなクリスマスディナー。
この日が特別な思い出となりますように。

-皆川貴之シェフのコース料理 
アミューズ
前菜(石川県・あんがとう農園)
スープ(北海道・百姓や)
魚料理(豊洲より仕入れ予定 / 東京・ Ome Farm / 櫻井焙茶研究所)
肉料理(山形・漢方和牛 / 岩手・ちいさなたね)
デザート(宮崎・やさいだ農園 / 熊本・もじょか堂、天の製茶園)

-小島麻貴二さん監修のペアリング
それぞれのお皿とのペアリングを楽しめる5種類のワイン。

日時:12月22日(土)、23日(日)19時〜22時
定員:各日18名(予約制)
料金:コース ¥7,000 +tax
   コースとワインペアリング ¥12,000 +tax
お申し込み:online store metsäにて、12月5日(水)正午頃よりご予約受付いたします。
お問い合わせ:call 03-6825-3733

小島麻貴二さんからのメッセージ:
お料理の味を引き立てるワイン。ワインの余韻を幾重にも変化させるご馳走。一皿一皿味わいのハーモニーが、酒席を豊かにしてくれます。
callで頂くワインが好きです。陽光眩しいテラスで、くぴくぴとグラス傾けるワインの悦と言ったら!表参道の喧騒を上空にわずかに離れて。
吹き渡る都会の風もまた、食卓の、いろどりとして。
お料理とワインのマリアージュ(結婚の意)、callならでは、の幸せな相性を是非。


つづき

2018.12.01

ナチュラルワインを多数取扱うcallマーケット。
この度、下記日程でインポーターの皆様をcallにお招きし、パーティーシーンにふさわしいワインのご紹介と試飲会を行います。
気の知れた仲間や家族と集うことが増えるこの季節。
皆で楽しむときに、また手土産としてもおすすめのインポーター選りすぐりのワインがcallテラスに集まります。
インポーターの方々に直接ワインのお話も伺えるこの機会に、皆様のお気に入りのワインが見つかりますように。

日時:12月9日(日)11:00〜16:00
場所:call
料金:¥1,500(税込)
*16種類ほどのワインより2〜3種類お選びいただきます。
当日参加インポーター:クロスワイン、ディオニー、ヴィナイオータ。
ラシーヌ、タケダワイナリーのワインも揃えてお待ちしております。


つづき

2018.11.30

東野翠れんさんが、自身の出産後の6年間に撮りためたという写真と、イスラエル人のおじいさまの遺品の中にあった、約60年前に撮影されたという記録の数々。
約半世紀を超えた表現の間に横たわる、記憶の交換や同調。タイトルとなったpendant(パンダン)は、フランス語で「〜の間」という意味の言葉。
まさに「時間の連なり」ということに思いを馳せる、翠れんさんの眼差しが、展示風景として立ち上がります。

会期中の16日(日)14時より、トークイベントを開催いたします。
東野翠れんさん、田中 景子(minä perhonenデザイナー)、長江 青(minä perhonen PRディレクター)が、翠れんさんの写真について、それぞれの制作について語り合います。
ご参加をご希望の方は京都店にお問い合わせくださいませ。

会期:2018年12月7日(金)〜12月19日(水)※12:00〜19:00 木曜定休
作家在店日、トークイベント:12月16日(日)
会場:galleria
お問い合わせ:京都店 075-353-8990

「過去の痛み、歴史の重み、個人の傷跡ではない写真。
ではなにを撮っているのかということを考えると、
それは〈ちょっと先の未来におく写真〉ー
平和な世界がどんなところなのか、自分が忘れないためにも、いま目の前に見える一瞬の静けさ、光、その平安な時間を、今日、生きているということを祝福する写真を撮っているのだなと思う。」
東野翠れん

皆様のご来場をお待ちいたしております。


つづき

2018.11.30

本格的な冬の到来を前に、丁寧な手仕事で仕立てられたボリュームのあるカシミアのコートをご紹介いたします。

厳選した良質のカシミアをグレーとネイビーのダブルフェイスで織り上げ、その両面の風合いを生かすよう丁寧に起毛した肌ざわりは、内側にも外側同様の滑らかな風合いを感じさせてくれます。
袖付け以外はすべて手縫いで仕上げ、しっかりと高密度で織られた素材は風を防ぐだけでなく型くずれしにくく、長年ご愛用頂けます。

調和した、仲睦まじいという意味を持つ“harmonious”という名のこのコートと共に、たくさんの冬の日を共に過ごしていただけたら嬉しく思います。

12月1日(土)より、代官山店、galleriaにて、ご紹介いたします。
是非店頭にてお試しくださいませ。
なお、代官山店では、12月7日(金)の18:30から、皆川も店頭にて皆様のご来店をお待ちいたしております。

-harmonious
cashmere 100%
gray / navy
¥400,000 +tax

お問い合わせ:
代官山店 03-6826-3770
galleria 075-353-2217

photo:Teruyoshi Toyota


つづき

2018.11.29

松屋銀座 3階のリタズダイアリー前の特設会場にて、
minä perhonenのクリスマスフェアが開催されます。

このフェアに向けて、birdの刺繍を施した温もりある生地で作ったバッグ、ポーチ、ブックカバーなどを先行発売するほか、
piece, のアイテム、ブランケットやトレイなど、
クリスマスシーズンの贈りものにご提案した一品や、
家族や友人とのひと時に彩りを添えるアイテムをご用意いたしております。
ぜひこの機会にお立ち寄りくださいませ。

また、会期中の12月15日(土)には、
minä perhonenでも様々な美しいコサージュを作っていただいているla fleurの岡野奈尾美さんが講師となり、
minä perhonenのテキスタイル生地を使ったクリスマスリースを製作するワークショップが開催されます。
ご参加をご希望の方は、下記URLよりご確認くださいませ。
http://www.matsuya.com/m_ginza/newinfo/women/2018/11/20181114_101100.html


お問い合わせ:松屋銀座(大代表) 03-3567-1211


つづき

2018.11.29

12月1日(土)より、モノトーンやニュートラルカラーを基調としたgalleriaの新しいアイテムを発売いたします。
代官山店、金沢店、galleria、metsäでの展開です。

親しい人々に会う機会が増えるこれからの季節に向けて、多様な表情を持つアイテムをご用意いたしました。
アーカイブからは、石壁の隙間に咲く花を描いた“undiscovered”や、首をかしげるように描かれた花の刺繍が浮かぶ“chum”でドレスやスカートをご用意いたしました。
始めて登場する無地のテキスタイル“lana”では、ハワイ語で静かな水面を表す言葉から名づけたように、
穏やかに輝くシルクコットンでお作りしたドレス、ブラウスを、
また、鉱石のように柔らかな艶を帯びたシルクのテキスタイル“charcoal”で仕立てたコートや、
同じ生地にシルク糸で刺繍を施した“tambourine”のスペシャルなコートとドレスなど、フォーマルな場にも似合うアイテムが豊富に揃います。

胸が高鳴るような特別な一着との出会いがありますように。
ぜひ店頭、metsäにてご覧下さいませ。

-undiscovered
ドレス ¥78,000 +tax
スカート ¥66,000 +tax
silk 65% wool 35%
gray / black

-chum
ドレス ¥64,000 +tax
スカート ¥50,000 +tax
cotton 100%
khaki / black

-lana
ブラウス ¥43,000 +tax
ドレス ¥66,000 +tax
silk 50% cotton 50%
pink beige / navy

-charcoal
コート ¥130,000 +tax
silk 100%
gray / black

-tambourine
ドレス ¥76,000 +tax
コート ¥150,000 +tax
silk 100%(刺繍:silk 100%)
gray / black

*オープン時間よりも早くお並びいただいたお客様には、オープン時間の1時間前より整理券をお渡しいたします。整理券の番号順に、対応させていただきます。
*metsäでは12月1日(土)正午より掲載いたします。機器・wifi環境により、お客様の画面での反映時間に掲載時刻の前後10分ほど誤差が生まれることがあります。
*通信販売:12月4日(火)より、完売前の商品につきましては通信販売を承ります。
*誠に恐れ入りますが、ご購入いただける販売数の制限を設けさせて頂いております。ご了承くださいませ。

お問い合わせ:
代官山店 03-6826-3770
金沢店 076-223-3722
galleria 075-353-2217
インフォメーションデスク 03-5793-3700


つづき

2018.11.28

店頭にご用意したテキスタイルブックからお好みのものをお選びいただき、オーダーでお作りしているエッグバッグ。
前面と背面のテキスタイルをそれぞれお選び頂き、パーソナルな1点をお作りいたします。

12月1日(土)よりラインナップに加わる、新たなテキスタイルのご案内です。

-wolf&flower
-metsä
-winter lake
-marguerite
-choucho
-tambourine

オーダーエッグバッグ ¥11,000 +tax

ご予約をお受けしてからお渡しまでは、ふた月ほど。
ひとつひとつ心をこめてご用意いたします。
卵型の有機的なシルエットのバッグは、日々の装いにそっと寄り添うデザインです。

お気に入りのエッグバッグをつくりに、piece, 東京、arkistotへ、是非いらしてくださいませ。

お問い合わせ:
piece, 東京 03-6440-0163
arkistot 075-353-0737


つづき

2018.11.26

「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2014」をきっかけに生まれたプロジェクト「sing a sewing」。
横浜市の福祉施設 港南福祉ホームの利用者のみなさんがminä perhonenの生地に思い思いに刺繍を施し、様々な作品を生み出されています。
この度callでも、12月15日(土)〜 25日(火)の期間、「sing a sewing」の展示販売を開催することになりました。
パラトリエンナーレ2017で発表した作品と共に、利用者のみなさんによる新作もお目見えする予定です。
街はクリスマスで華やぐこの季節。心温まる作品をご覧になりに、是非いらしてください。

sing a sewing
会期:2018年12月15日(土)〜25日
場所:call

イベント会期中には港南福祉ホームの作り手をお迎えし、製作する様子をご覧いただきながら、minä perhonenのハギレでコラージュ刺繍を施したファブリックボード作りのワークショップを行います。
冬のお部屋を彩る作品を一緒に作りませんか?
皆様のご参加をお待ちしております。

ワークショップ
日時:12月15日(土)
1)11:00〜12:30
2)14:00〜15:30
会場:call
定員:各回12名(対象:小学生以上)
参加費:¥4,500 + tax(材料費込み)
持ち物:裁ちばさみ、糸切りばさみ、刺繍針、待ち針、ピンクッション
お申し込み:online store metsäにて、11月28日(水)正午頃よりご予約受付(参加チケット販売)いたします。
お問い合わせ:call  03-6825-3733

港南福祉ホーム:
http://kounan-home.com/


つづき

2018.11.21

職人の手によるものづくりを大切にしているデンマークのpp møbler社により、2018年のミラノサローネで発表された「Sela」。
美しい木目と三角形の座面が特徴のスツールは、ブラジルの木工アーティスト、Ricardo Graham Ferreira(リカルド・グラハム・フェレイラ)さんによってデザインされました。
人間工学に基づいた設計により非常に快適に座ることができます。

森林保護を支援する考えを持ち合わせているこちらのスツールを、日本ではcallにて初めてお披露目致します。

12月1日(土)には、callにてpp møbler代表のKasper Holst Pedersen(キャスパー・ホルスト・ピーターセン)さんを皆川 明がお迎えして、クラフツマンシップについて語り合います。
続いてのレセプションパーティーともに、どなたさまもお越し頂けます。

ものづくりに触れていただけるこの機会に、皆様お誘いあわせの上ぜひご一緒下さいませ。

イベント会期:12月1日(土)〜12月9日(日) 11:00〜20:00
トークセッション:12月1日(土) 16:00〜17:00
レセプション:12月1日(土) 17:00〜18:00
場所:call ※ご予約、参加費ともに不要。

お問合せ:
call 03-6825-3733

photograph:©pp møbler


つづき

2018.11.19

錦に変わりゆく樹々の中を冷たい風が通り抜け、その先に冬の景色が届くのももうすぐです。
今年もminä perhonenにクリスマスがやってきます。
お店では、クリスマスシーズンに合わせてお作りしたファブリックボード、エッグバッグ、パニーニバッグをはじめとする特別なアイテムを発売します。
また、ささやかなクリスマスプレゼントとして、ご購入下さいました皆様へはクリスマスカードを。

お買い上げいただきましたお品物にあわせて12月1日(土)より12月25日(火)までギフトラッピングを無料にて承ります。

11月23日(金・祝)〜piece, 東京 、koti、materiaali、call
12月1日(土)〜代官山店、京都店、金沢店、松本店、piece,京都、metsä
※特別アイテムは順次発売していきます。

街も赤や緑に着飾り、鈴の音とともに華やぐ時。
大切な方やご自身への贈り物を探しに、ぜひお越しくださいませ。

代官山店 03-6826-3770
京都店 075-353-8990
金沢店 076-223-3722
松本店 0263-38-0137
piece, 東京 03-6440-0163
piece, 京都 075-353-8937
koti 0466-31-0737
materiaali 03-6821-3737
call 03-6825-3733
インフォメーションデスク 03-5793-3700 info@mina-perhonen.jp


つづき

2018.11.17

風から生まれる雲のように
光から生まれる影のように
素の手から生まれるかたち。
        -皆川 明

金沢店にて吉田次朗さんの個展をひらきます。
素材と形が呼応する詩的なものたち。
冬の金沢でお待ちしています。

吉田次朗さんは、初日の12月8日(土)に在店予定です。
12月8日(土)16:00まではアポイント制とさせていただきたく、この日にご来店をご希望されるお客様は下記をメールにてお知らせくださいませ。

8日のご来店予約方法:
11月23日(金・祝)11:00より、メール(info@mina-perhonen.jp)にてご予約を承ります。

1、お名前(フルネーム)
2、人数(合計2名様まで)とお連れ様のお名前
3、ご希望のご入店時間
4、当日連絡可能なお電話番号
上記内容をお知らせくださいませ。
*入場におきましては人数制限を設けさせていただくため、ご希望のお時間に添えない場合もございます。
*1組様につき、一部の作品にはご購入の枚数制限がございます。

11月28日(水)までにメールをいただいたお客様に、11月30日(金)にご返信させていただきます。
12月1日(土)を過ぎてもお返事が届かない場合には、大変お手数ではございますが金沢店にご連絡くださいませ。

金沢店 076-223-3722

アポイントDAY(12月8日)につきまして:
開店から16:00までは、ご予約された時間に数名ずつご案内させていただきます。
*ご予約時刻に遅れてのご到着の場合はご案内できない場合もございます。
16:00以降はご自由にご覧いただけますが、混雑状況により入場制限させて頂きますので、ご了承頂けますようお願い申し上げます。

ご購入後の作品の転売に、作家の吉田次朗さんも心を痛めていらっしゃり、吉田さんの個展の際は毎度、ご来店のお客様に、「転売はしない」という同意書にご署名をいただくことになさっています。
どうかご理解ください。

吉田さんの朗らかなものづくりを、皆様に金沢店でご紹介できるこの機会を、私どもも楽しみにいたしております。

お客様のご来店を心よりお待ちいたします。

お問い合わせ:
金沢店 076-223-3722
インフォメーションデスク 03-5793-3700


つづき

2018.11.16

11月30日(金)より、湘南T-SITEにて『White Picnic』と題したフェアが始まります。
寒い季節にも家の中でピクニックを楽しむように過ごしていただけたら。
そんな思いで始まったこの企画は、minä perhonenが手がけた館内の装飾が見どころのひとつです。
1、2号館1階、湘南 蔦屋書店のマガジンストリートでは白い紙風船が無数に連なり、雪景色のように。
1号館1階のギャラリースペースと2階の湘南ラウンジ、それぞれに置かれた2種類のツリー。
ギャラリーには“one day”の図案がガラス窓から壁一面へと広がっています。

期間中、1号館2階の湘南ラウンジにはPOP UP SHOPがオープン。
“one day”のサーモマグはここでの先行発売となります。
他にも、テキスタイルが張られたボックスや魚をかたどったペンケースやワインバッグなど、kotiとは異なるラインナップのアイテムも並びます。
その他、ワークショップやトークイベントなど、様々なイベントも開催いたします。

『White Picnic』
期間:11月30日(金)〜12月25日(火)
場所:湘南T-SITE
   神奈川県藤沢市辻堂元町6-20-1
http://real.tsite.jp/shonan/event/2018/11/white-picnic.html

-クリスマスオーナメント作りのワークショップ
館内ツリーに飾り付けられているオーナメントをご自身で作ってみませんか。
お好きなテキスタイルと形を選んで、型抜きをしていただけます。
日時:期間中毎日、10:00〜18:00の間で開催(ご予約不要)
場所:湘南T-SITE1号館2階湘南ラウンジ
参加費:¥800 +tax / おひとつにつき
*ご用意できる数量に限りがあるため、受付を制限させていただく場合がございます。

-皆川 明トークイベント
北欧へ旅した際のエピソードを、スライド写真でご紹介しながらお話します。
日時:12月8日(土)14:30〜15:30
場所:湘南T-SITE1号館2階湘南ラウンジ
参加費:¥1,500 +tax(上記ワークショップチケット1枚付き)
お申し込み:11月16日(金)より下記サイトにて受付開始
http://real.tsite.jp/shonan/event/2018/11/hokuoannai.html

-フェアオリジナルしおりのプレゼント
湘南 蔦屋書店で本をご購入、もしくはPOP UP SHOPにてアイテムをご購入のお客様にオリジナルのしおりをプレゼントいたします。
本にはさむのはもちろん、紙袋にかけてチャームとして、裏面に一筆添えてメッセージカードとしてもご利用いただけるデザインです。
*詳細は湘南T-SITE公式サイトにてご確認ください。
*無くなり次第終了となります。

お問い合わせ:
湘南T-SITE 0466-31-1515(代表 / 受付時間 10:00〜19:00)

フェアの開催に合わせて、湘南T-SITEに入りますkotiでも特別アイテムの発売をいたします。
1mカットのインテリアファブリックを始め、今回のフェアに合わせた特別な組合わせのpiece, bag、新型の動物クッションもお目見え。
Maison romi-unieさんからはクッキーも届きます。
2FのPOP UP SHOPとは異なるラインナップで皆さまをお待ちしております。

インテリアファブリック 
-「LIBERTY」sleeping rose × tambourine
cotton 100%(生地巾 104cm)
yellow / pink / blue / gray
¥9,000 +tax

-「LIBERTY」strawberry thief × tambourine
cotton 100%(生地巾 104cm)
light blue / light green
¥9,000 +tax

*インテリアファブリックはすべて1mカットでの販売となります。
*多くのお客様の手にお届けするため、誠に恐れ入りますが色柄問わずおひとり様3点までのご購入とさせていただきます。
また、小分けのカットは承ることができませんのでご了承くださいませ。
*オープン時間よりも早くお並びいただいたお客様には、9時より整理券をお渡しいたします。整理券の番号順に対応させていただきます。
*通信販売:12月4日(火)より、完売前の商品につきましては通信販売を承ります。

お問い合わせ:koti 0466-31-0737


つづき

2018.11.12

角度によって輝きや表情を変える原石のように、さまざまなかたちでテキスタイルをまとった有機的なフォルムのクッション「Foresta di Gemma」。
2018年春、ミラノデザインウィークにて、minä perhonenが発表した「Foresta di Gemma」を、CIBONE CASEにてご覧いただけることになりました。

期間中には、minä perhonenの特別なアイテムが店頭に並びます。
余り布をつなぎ合わせた上からtambourineの刺繍を施した特別な生地を使い、
バスケットバッグやバケツバッグ、クッションなどを販売いたします。
また、onomekamanのぬいぐるみ、テーブルウェアやパッチワークのブックカバーなど、クリスマスのギフトにもお選びいただけるようなアイテムが並びます。
ぜひ、お運びくださいませ。

「Foresta di Gemma」
会期:2018年11月17日(土)〜12月25日(火)
会場:CIBONE CASE
   東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 4F

お問い合わせ:CIBONE CASE 03-5537-3101


つづき

2018.11.02

日頃よりミナ ペルホネンをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

この度、ミナ ペルホネンの製品におきまして、下記品番の生地に、水や雨に濡れた際に、その部分がシミの様に見える変化が起こることがわかりました。
ここにお詫び申し上げるとともに、当該製品をお持ちのお客様には、回収とさせていただきたく、お願い申し上げます。

当該品番
WA2302 forest bed ジャケット
WA4429 forest bed パンツ
色: mustard / green / navy

以上につきまして、現段階では、一度起きた変化を元に戻す方法を見つけられておりません。
また、この変化を防いだ上で同じクオリティの生地を作ることも難しいと判断いたしました。

このことを事前に察知できずお客様のお手元にお届けしておりましたことを、皆様に心よりお詫び申し上げます。
ご購入下さいましたお客様には、ご返金をさせていただきたく、下記送付先まで、当該製品を着払いにてお送りいただけないでしょうか。

お送りいただいたのち、迅速に返金のお手続きをさせていただきたく、
配送伝票に記載してくださるお名前、お電話番号、ご住所のほか、
ご連絡先メールアドレス、製品のご購入店舗とご購入時期を記載したメモもお荷物に同梱していただけますと幸いと存じます。

送付先:
ミナ ペルホネン インフォメーションデスク宛て
〒108-0072 東京都港区白金3-1-15 3F
Tel.03-5793-3700

なお、今後もご着用をご希望くださるお客様におかれましては、ご返金をさせていただくとともに、今後のお取り扱いにつきまして個別にご案内させていただきたく、インフォメーションデスクへ、
メールにてご連絡いただけましたら幸いと存じます。
info@mina-perhonen.jp

メールには、
1.お名前
2.ご連絡先メールアドレス
3.お電話番号
4.ご住所
5.製品のご購入店舗(minä perhonen直営店、metsä、正規お取扱店に限らせていただきます)
6.ご購入時期
を記載していただけます様お願い申し上げます。

ご購入くださいましたお客様には、お手間をおかけいたしますことも含め、多大なご迷惑をおかけいたしまして誠に恐れ入ります。

生地そのものの不備を未然に防ぐ手立てを模索し、お客様にご納得いただける服づくりができるよう、製造プロセスと品質検査の見直しを図ってまいります。
この度のこと、ご迷惑をおかけいたしておりますことを重ねてお詫び申し上げます。

ミナ ペルホネン スタッフ一同


つづき

2018.10.30

日頃より、ミナ ペルホネンのデザインをお選びいただき、心より感謝申し上げます。
先日、このニュースの場にてお伝えいたしました、インテリアファブリックの用途につきまして、発信した内容を見つめ、改めて言葉を重ねお伝えしたいことがあり、再び、この事で発信させていただきます。

先日のニュースの中で、「商用でのご使用をお断りいたします」とお伝えいたしました。それは、ミナ ペルホネンの製品との混同などの懸念から発した事ではありますが、常より「お断りする」という事を、お客様の行動として強制できることではないと感じてきた事から、改めて、やはり「お断り」ではなく「共存」のためのご提案をさせていただきたい、と、本日、再びのご連絡に至りました。

皆川の言葉として、私達のご提案を書かせていただきます。


私達はミナ ペルホネンのファブリックが、皆様の日常の暮らしの中でお役に立ち、またそこに喜びがあることを願い、カットファブリックやハギレの販売を始めました。それはファッションに限らず、インテリアやお客様の物作りとしてお楽しみいただきたいとの思いからでした。
時折、お客様が自作されたバッグやアクセサリーや服などを拝見する機会があり、その時のお客様の笑顔と共に作品を拝見することは、私達にとって、とても嬉しい瞬間です。物への愛着と共に暮らすことは、日々を照らすことだと私達は考えております。その考えの下、ミナ ペルホネンのファブリック販売を、今後も是非続けたいと思う中、一つの課題に出会いました。

それはご購入されたファブリックやハギレを販売目的で製品化し、商品として不特定の方に販売される事があり、誤解を生む場合があるという事へのご対応です。
大切なことは、お客様が作られた物と、ミナ ペルホネンの商品に誤認や誤解が生まれないようにする事だと考えます。

ご購入された物の、その後のお取り扱いは、お客様の自由でもあり、そこから生まれた物を購入されたいという思いも自由であると思いました。
私達ミナ ペルホネンと皆様の自由な物作りがどなたかの暮らしの中で共存し、使い手それぞれの喜びとなるようにしたいと考え、私達からご提案をさせてください。
ミナ ペルホネンのファブリックを用いて作られた物を販売される時、それがミナ ペルホネンの製品ではないこと、コラボレートではないことを誤認なく伝わるようにしていただき、その上で、作られた物ならではの喜びや価値、魅力を、作り手の方から使い手の方へ、お伝えいただきたいのです。
それにより、使われる方にとっては、作られたその物の価値を知る機会にもなります。作られる皆様の、その物への想いは一つ一つ違う喜びを含んでいるでしょう。それを是非お伝えください。
そうする事で、皆様と、物作りの自由を共有し、暮らしの中で共存していきたいと思いました。

他にご意見がございましたら、ぜひお聞かせください。
この事につきましては、私達もこれからもまだなお考え続け、より良いあり方を模索して参ります。
そして日々、物作りや物のあり方について、考えを深めて参りたいと思います。

ミナ ペルホネン 皆川 明、スタッフ一同

お問い合わせ先:
ミナ ペルホネン インフォメーションデスク
info@mina-perhonen.jp


つづき

2018.10.24

minä perhonenは、2007年よりオリジナルデザインのファブリックを販売し始めました。
お客様の暮らしの中でカーテンやクロス、クッションなどに形を変えて彩りを添える存在となることを願い、また、ご自身の手を動かしてバッグや衣服などを作る楽しみに、私たちの布がお役に立てるならばと思いを込めて販売しております。
それから10年余りが経ち、私たちの暮らしを取り巻く環境が大きく変わり、個人の方がプロダクトを発表する機会は飛躍的に増えてきました。
私たちの生地は、商用ではなく、お客様ご自身の暮らしや近しい方々のためにつくることでお役立ていただきたいという考えであることを改めて表すことにいたしました。
今後、 コラボレート関係によるプロダクトを除き、minä perhonenの販売するファブリック及び服地を用いたプロダクトを販売することはお断りいたします。ご理解いただけましたら幸いです。


つづき