2018.11.26

「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2014」をきっかけに生まれたプロジェクト「sing a sewing」。
横浜市の福祉施設 港南福祉ホームの利用者のみなさんがminä perhonenの生地に思い思いに刺繍を施し、様々な作品を生み出されています。
この度callでも、12月15日(土)〜 25日(火)の期間、「sing a sewing」の展示販売を開催することになりました。
パラトリエンナーレ2017で発表した作品と共に、利用者のみなさんによる新作もお目見えする予定です。
街はクリスマスで華やぐこの季節。心温まる作品をご覧になりに、是非いらしてください。

sing a sewing
会期:2018年12月15日(土)〜25日
場所:call

イベント会期中には港南福祉ホームの作り手をお迎えし、製作する様子をご覧いただきながら、minä perhonenのハギレでコラージュ刺繍を施したファブリックボード作りのワークショップを行います。
冬のお部屋を彩る作品を一緒に作りませんか?
皆様のご参加をお待ちしております。

ワークショップ
日時:12月15日(土)
1)11:00〜12:30
2)14:00〜15:30
会場:call
定員:各回12名(対象:小学生以上)
参加費:¥4,500 + tax(材料費込み)
持ち物:裁ちばさみ、糸切りばさみ、刺繍針、待ち針、ピンクッション
お申し込み:online store metsäにて、11月28日(水)正午頃よりご予約受付(参加チケット販売)いたします。
お問い合わせ:call  03-6825-3733

港南福祉ホーム:
http://kounan-home.com/


つづき