*かごには何も入っていません。

History

1995

  • デザイナー 皆川 明により「minä」 設立。アトリエは東京・八王子。

1996

  • 「mini bag(ミニバッグ)」 誕生。mini bagは洋服のあまり布から生まれた。

1997

  • 皆川 明が「minä」と並行して行っていた魚市場でのアルバイトを辞め、服づくりに専念する。
  • 「egg bag(エッグバッグ)」誕生。

1999

  • アトリエを東京・阿佐ヶ谷に移す。
  • 最初の椅子「giraffe chair(ジラフチェア)」を発表。

2000

  • 「tori bag(トリバッグ)」誕生。
  • アトリエを東京・白金台に移し、アトリエ併設のかたちで初の直営店をオープン。

2002

  • バックナンバーの復刻スタート。
    一度生まれたデザインを色や素材を変えながら、作り続けて行くことを始めた。
  • アメリカのブーツメーカーStallionとのウェスタンブーツを発表。

2003

  • ブランド名を「minä perhonen(ミナ ペルホネン)」と改める。
    ちょうちょのマークをブランドロゴの一つとして使い始める。
  • ロンドンファッションウィークに参加。
  • 英国スコットランドタータンオーソリティにminä perhonen tartanが登録される。
  • インテリアシリーズ「puu」を発表。puuは木を意味する。制作は日進木工。
  • 撫松庵とのコラボレーションによる着物を発表。(2006まで)

2004

  • パリのファッションウィークに参加。
  • 子供服ラインをスタート。(2005SSより)
  • ダンス公演「wonder girl」(スパイラルホール、東京)皆川 明が衣装を担当、空間構成と演出に参加。
  • 椅子「perhonen chair」を発表。

2005

  • シーズンごとの新作を、日本に加えてパリでも発表し始める。
  • ダンス公演「Ando Yoko Project, feel & connect(フィールアンドコネクト)」の衣装を担当。

2006

  • デザイナー皆川 明が「毎日ファッション大賞」(毎日新聞社主催)大賞受賞。
  • ダンス公演「moiré」(スパイラルホール、東京)の衣装とビジュアルコンセプトを皆川 明が担当。
  • インテリアファブリックの販売をスタート。
  • デンマークのテキスタイルメーカー「Kvadrat」が皆川 明デザインのテキスタイルを発表。

2007

  • 京都店をオープン。
  • シーズンブック「紋黄蝶」をつくり始める。

2008

  • オリジナルのテーブルウェアをスタート。
  • ホームランドリーで洗濯できるライン「minä perhonen laundry」をスタート。

2009

  • 京都にアーカイブラインを扱う「minä perhonen arkistot(ミナ ペルホネン アルキストット)」オープン。
  • 青森県立美術館のユニフォームデザインを手掛ける。
  • 椅子「bagle stool」発表。(制作は井上インダストリィズ)
  • 棚「perhonen shelf」発表。(設計はトラフ建築設計事務所)
  • 英国のテキスタイルメーカー「LIBERTY(リバティ)」2010秋冬コレクションにて皆川 明のデザインが発表。

2010

  • 京都に余り布から始まるプロダクトを扱う「minä perhonen piece, Kyoto(ミナ ペルホネン ピース, キョウト)」オープン。
  • 東京に「minä perhonen arkistot」「minä perhonen piece, Tokyo」をオープン。
  • minä perhonenの服が京都服飾文化研究財団に収蔵される。

2011

  • オンラインストア「metsä(メッツァ)」オープン。
  • アーカイブコレクションのレンタルサービス「lentää(レンター)」をスタート。

2012

  • 東京スカイツリー®のユニフォームデザインを担当。
  • パリ発のフレグランスメゾンdiptyqueが、minä perhonenとのコラボレーションとして、3つの新しい香りのフレグランスキャンドルが発表。皆川 明の詩からイメージした香り。

2013

  • 京都にニュートラルカラー中心の「minä perhonen galleria(ミナ ペルホネン ガッレリア)」をオープン。
  • 松本店をオープン。
  • 椅子「lotus stool」発表。(制作は桜製作所)
  • 椅子「Hiroshima」にminä perhonenのテキスタイルを用いたシリーズがスタート。椅子のデザインは深澤直人、製作はマルニ木工。
  • スウェーデンのテキスタイルメーカー「Klippan」へのデザイン提供スタート。
  • フランスのバレエブランド「repetto」よりminä perhonenとのコラボレーションシューズが発表される。

2014

  • 金沢21世紀美術館のユニフォームデザインを担当。
  • 経年変化を楽しむインテリアファブリック「dop(ドップ)」を発表。
  • 皆川 明の監修により株式会社良品計画のプロジェクト「POOL」スタート。
    あまり布や端材を用い、ものづくりの循環を促すコンセプトの波及に努める。

2015

  • 神奈川・藤沢の湘南T-SITE内に、「minä perhonen koti(ミナ ペルホネン コティ)」をオープン。
  • マームとジプシーによる舞台「書を捨てよ町へ出よう」(原作:寺山 修司)の衣装を担当。(東京芸術劇場)
  • インテリア「book mock」「book nap」発表。設計は中村 好文氏。
  • フランスのバレエブランド「repetto」より、minä perhonenとのコラボレーションシューズが発表される。
  • イタリアの陶器ブランドRichard Ginoriより皆川 明がデザインしたシリーズBee Whiteが発表される。
  • デンマークのファニチャーメーカーFritz Hansenより、minä perhonenのテキスタイルdopを用いたシリーズがコラボレーションアイテムとして発表される。

2016

  • 白金台店を移転し新たに代官山店をオープン。
  • カフェやグロッサリーも伴い、ビンテージやクラフトの販売もする新コンセプトショップ「call(コール)」を東京・青山のスパイラルにオープン。
  • 皆川 明が「2015毎日デザイン賞」(毎日新聞社主催)
    「平成27年度(第66回)芸術選奨文部科学大臣新人賞」(文化庁主催)を受賞。
  • デンマークのテキスタイルブランドKvadratが、「Forest Comes Home」というインスタレーションにより、皆川明デザインの新作テキスタイルを発表する。

2017

  • 金沢店をオープン。
  • 代官山にテキスタイルを中心にインテリアに重点を置いたショップ「minä perhonen materiaali(ミナ ペルホネン マテリアリ)」をオープン。
  • minä perhonenのテキスタイルが、ニューヨークのクーパーヒューイット・スミソニアンデザインミュージアムに収蔵される。
  • イタリアの陶器ブランドRichard Ginoriが「SPERANZA」という皆川 明デザインのテーブルウェアシリーズを発表する。
  • 野田琺瑯とのコラボレーションで、保存容器とバターウォーマーを発売。
  • アウトドアブランドTHE NORTH FACEとのコラボレーションを発売。

2018

  • 皆川 明が、瀬戸内の島・豊島の一棟貸しの宿「ウミトタ」のディレクションを担当する。設計はシンプリシティの緒方 慎一郎、運営は株式会社サークルハウスコーポレーション。
  • 京町家の特性を生かした宿「京の温所(おんどころ)」のデザインを担当する。設計は中村 好文、運営は株式会社ワコール。
  • マームとジプシーによる舞台「書を捨てよ町へ出よう」(原作:寺山 修司)の衣装を担当。(東京芸術劇場)
  • イタリアの陶器ブランドRichard Ginoriが「GAIA」という皆川 明デザインのテーブルウェアシリーズを発表する。
  • PORTERとのコラボレーションバッグ・ポーチを限定発売。

2019