*かごには何も入っていません。

10/13 光る

目が覚めると
野山をかけるウサギたち
の景色が浮かんできた

先ほど見ていた夢とは
無関係である

野に咲く花やキノコや草は
目を閉じて眺めていると
やがていくつかの色糸でステッチされ
布の上の風景となっていった

こうやって何気ない瞬間が
次の物づくりへの扉となっていく
その始まりはいつも微かで突然に

光る

prev
next

archive

ミナ ペルホネンのletterを、メールでお受け取りいただけます。