*かごには何も入っていません。

9/29 空想と筋肉痛

昨日は絵を随分と長い間
描いていたから
目が覚めると腕が筋肉痛
になっている

空想の世界の中に潜って夢中に
なっていたことを

この世界では筋肉痛だけが
その事実の残像として
身体の中に居残っている

絵の具のチューブが色を解放する
のを見ていたことが遠い記憶のように
脱力感と筋肉痛と重たい瞼

金木犀の香りは
まだしない

prev
next

archive

ミナ ペルホネンのletterを、メールでお受け取りいただけます。