*かごには何も入っていません。

10/8 遠く空へ飛ぶ鳥のある日

遠く空へ飛ぶ鳥のある日に
鳥は翼いっぱいに不安を詰め込んだ
不安は翼の羽のひとつひとつに蓄えられて
鳥を遠く空の彼方まで飛ばしてくれるのだった
風は逆風だろうと順風だろうと構わなかった
鳥はただ前に向かって飛んでいった
ある日から随分と経つ頃に
ようやく鳥は地に降り立ち
翼を休ませる平穏を迎えた
鳥は深呼吸して
過ぎた生命に想いを馳せた
不安はもう尽きていた

prev
next

archive

ミナ ペルホネンのletterを、メールでお受け取りいただけます。