*かごには何も入っていません。

8/13 芸術と暮らし

芸術というものは人間だけでなく
全ての生き物の中にある

生き物は芸術を創造するのではなく
生命の中から放出しているんだ

その生命のエネルギーを感じながら
生きるということが
暮らすということなのだろう

日々、瞬間が連続する中に内包される
生命の呼応はやがて一塊のエネルギー
となって放出される
それが芸術となる

それが全ての生命の意識にエネルギーとして
融解されて記憶の中に保存されていく
その記憶は心を湧き立ち上がらせ
未来へ進む糧となっていく
それらの相互作用が生き物の生命を
輝かせている

prev
next

archive

ミナ ペルホネンのletterを、メールでお受け取りいただけます。