*かごには何も入っていません。

STAUB × minä perhonen “Forest cocotte”

1899年創業のフランス鋳物ホーロー鍋ブランドSTAUB(ストウブ)。
2021年に誕生した鍋「STAUB × minä perhonen Forest cocotte」のコラボレーションのきっかけは、皆川が普段からSTAUBの鍋を愛用していたことでした。また、制作のために2019年にはフランスにあるSTAUBの工場へ皆川が訪れました。

画像:news

これまでに、STAUBから他ブランドとデザインコラボレーションして発売された商品はなく、今回はSTAUBとminä perhonenの互いのものづくりへの理念や共通の価値観がプロジェクトへと発展しました。

画像:news

STAUBの工場で、デザイン画を描く皆川

皆川は、鍋の蓋の装飾のために、木々に実る果実をついばみにやってくる鳥たちの景色を描き下ろしました。これは、STAUBの鍋を使った料理で穏やかな食卓の時間になって欲しいとの想いをこの絵に重ねています。アシンメトリーに描かれた絵は、食卓を囲んだ際に、どの方向からも少しずつ異なる景色が見え、さまざまな風景が紡がれていくことを願ってデザインされました。

画像:news
画像:news

皆川が描く線や、複雑に交わり合う森と鳥のモチーフは、そのままでは鋳物で表現するのに細過ぎる複雑さを持った図案でしたが、現地の職人が、熟練の技で一つひとつ丁寧に拾い上げて美しい仕上がりへと導いてくれました。
 

画像:news

釉薬の流れによって明暗が美しく映るバジルグリーンや、しっとりとした質感がどんな食材も優しく受け止めるグレー。どちらの色も、料理の時間や食卓に並ぶ景色を楽しい時間へと誘います。

画像:news

今回、このプロジェクトに合わせて馬喰町にあるminä perhonenのpuukuu 食堂では、minä perhonenが監修したForest cocotteオリジナルレシピより、「Pommes et patate douce(さつまいもとりんごのタルト)」をご提供しています。この機会にぜひご賞味くださいませ。 (予告なくご提供を終了する場合がございます)