*かごには何も入っていません。

hand washing

ご購入いただきました製品の状態をできるだけ保つ方法の一つとして、ドライクリーニングをおすすめしておりますが、日常的に長くminä perhonenのアイテムをご愛用いただきたいという思いから、ご家庭での洗濯方法をご案内いたします。

今回の洗濯方法は、コットンやリネン、ラミー素材の一枚仕立て(裏地なし)の無地やプリント(染料・顔料)の布帛、ジャージー素材のカットソー、取扱い表示に手洗いマークがあるneutraaliや、laundryラインなどのアイテムを対象としています。

*以下のものはドライクリーニングをお願いいたします。 ウール素材、特殊プリント(染料・顔料プリント以外)、刺繍、ジャカード織、起毛素材など。

*シルク素材のものは、縮みや素材感が変化する恐れがあるため、取扱い表示に手洗いマークがあるもののみ対象となります。またその場合は、製品ごとの取扱い表示に沿って洗濯をお願いいたします。

*ご自宅での洗濯の仕方により、多少、サイズや素材感、色が変わることがございます。

*色の濃いものは他のものと分けて洗うことをおすすめいたします。また、濡れたまま放置しますと色移りの原因となりますので、洗濯を終えましたらお早めに脱水と乾燥をしてください。

*洗濯中に強く擦りますと、色落ちや、生地を痛める原因となりますのでお避けください。

画像:news

① 洗い
しっかりと衣類が浸る量の30℃前後のぬるま湯を用意します。水洗いよりも、30℃前後のぬるま湯で洗うと汚れが落ちやすいため、おすすめいたします。そこに中性洗剤、もしくはおしゃれ着洗い用の洗剤を入れ、洗剤をよく溶かします。

画像:news

表面の汚れが気になる場合は表側のまま、表面の汚れが特にない場合は裏側にして衣類を入れ、洗います。
余分な汗や汚れを取り除くように手のひらで押し洗いを繰り返します。(3分〜5分くらいを目安に)

画像:news
画像:news

② すすぎ 
新しく取り替えた、30℃前後のぬるま湯を用意し、手のひらで押し洗いを繰り返しながら十分に洗剤を落とします。それを繰り返し、衣類に洗剤が残らないようにすすぎます。
柔軟剤を使用する場合は、2回目以降のすすぎの際に入れます。

画像:news

③ 脱水
タオルを広げ、すすぎを終えた衣類を置きます。端からくるくると丸め、丸め終えたらタオルの上から軽く押し、水分をタオルへ移していきます。タオルを押す際、衣類を傷めないよう確かめながら水分を押し出すようにしてください。タオルごとねじることはお避けください。

画像:news

④ 日陰干し
脱水後、形を整え、裏を表にして日陰に干します。日陰の中でも風通しの良い場所をお選びください。ハンガーにかけて干す際はハンガーの形が服によく合っているものを選び、肩のラインをハンガーによく合わせて、シワにならないように全体を手で優しく形を整えて干します。

画像:news

伸びやすい素材(ニット・カットソー等)は、平らにして干すことをおすすめいたします。

*水分を多く含んだ状態からハンガー干しで乾かすとシワが出にくくなります。

*気になるシワがありましたら、乾燥後にスチームや、アイロンをあてます。スチームやアイロンは、取扱い表示をよくご確認の上、表示に沿ってご使用ください。

photograph: Hua Wang

これらの方法以外で、おすすめのお手入れ方法がありましたら、私たちへアドバイスをいただけましたら幸いです。