brand

minä perhonen

オリジナルの図案によるファブリックを作るところから服作りを進める。国内外の生地産地と連携し、素材開発や技術開発にも精力的に取り組む。ブランド名は、デザイナーがスカンジナビアへの旅を重ねる中で、そのライフスタイルやカルチャーに共鳴するというフィンランドの言葉から取った。「minä」は「私」、「perhonen」は「ちょうちょ」を意味する言葉。蝶の美しい羽のような図案を軽やかに作っていきたいという願いを込めている。ブランドロゴは、「私(四角)の中のさまざまな個性(粒の集合)」を表す。蝶の種類が数え切れないほどあるように、デザイナーの生み出すデザインもまた、増え続ける。

Designer / founder

1967年東京生まれ。1995年に自身のファッションブランド「minä(2003年よりminä perhonen)」を設立。時の経過により色あせることのないデザインを目指し、想像を込めたオリジナルデザインの生地による服作りを進めながら、インテリアファブリックや家具、陶磁器など暮らしに寄り添うデザインへと活動を広げている。また、デンマークKvadrat、スウェーデンKLIPPANなどのテキスタイルブランドへのデザイン提供や、朝日新聞や日本経済新聞の挿画なども手掛ける。

brand history

1995
ファッションブランド「ミナ」設立。
1999
初のオリジナルチェア「giraffe chair」を発表。
2000
直営店を東京・白金台にオープン。
2002
初の個展「粒子」展を東京・スパイラル・ガーデンにて開催。
2003
ブランド名を「ミナ ペルホネン」とする。
フリッツ・ハンセン社の家具に、ミナ ペルホネンの布を張り発表。
オリジナルデザインによる家具「puu」を発表。
2004
日本に加えパリでも新作コレクションを発表し始める。
2005
オリジナルデザインによる家具「perhonen chair」を発表。
2006
デザイナー皆川 明が「毎日ファッション大賞」(毎日新聞社主催)大賞を受賞。
デンマークのテキスタイルメーカー「kvadrat(クヴァドラ)」より皆川 明デザインの生地が発表・発売される。
2007
京都に2店舗目となる直営店をオープン。
2008
ホームランドリーで洗濯できるライン「ミナ ペルホネン ランドリー」スタート。
オリジナルの陶磁ラインをスタート。
2009
3店舗目の直営店「ミナ ペルホネン アルキストット」を京都にオープン。
青森県立美術館のユニフォームデザインを手がける。
英国のテキスタイルメーカー「LIBERTY」2010秋冬コレクションにて皆川 明のデザインを発表。
個展「ミナ ペルホネン — ファッション&デザイン」(Audax Textielmuseum Tilburg, オランダ)
2010
4店舗目の直営店「ミナ ペルホネン ピース,」を京都にオープン。
続けて東京にも「アルキストット」「ピース,」をオープン。
個展 「ミナ ペルホネン The future from the past 未来は過去から」(金沢21世紀美術館デザインギャラリー、石川)
個展 ミナ ペルホネン展覧会「進行中」(スパイラルガーデン、東京)
2011
アーカイブの服からレンタルのサービス「lentää」をスタート。
2012
東京スカイツリー®のユニフォームデザインを手がける。
パリのフレグランスメゾン「diptyque」とのコラボレーションによるコフレとキャンドルを発表。
2013
長野・松本に直営店をオープン。
フランスのバレエブランド「Repetto」とのコラボレーションシューズを発表。
スウェーデンのテキスタイルメーカー「KLIPPAN」とのコラボレーションをスタート。
2014
インテリアファブリック「dop」を発表。
皆川 明の監修により、株式会社良品計画のプロジェクト「POOL」スタート。余り布や端材を用い、ものづくりの循環を促すコンセプトの波及に努める。
金沢21世紀美術館のユニフォームをデザイン。
2015
神奈川・湘南T-SITEに「minä perhonen koti(コティ)」をオープン。
個展 ミナ ペルホネン展覧会「1 ミナカケル」)(スパイラルガーデン、東京)
個展 「1 ミナカケル―ミナ ペルホネンの今までとこれから」(長崎県美術館、長崎)
2016
デザイナー皆川 明が「2015毎日デザイン賞」(毎日新聞社主催)を受賞。
皆川が「平成27年度(第66回)芸術選奨文部科学大臣新人賞」(文化庁主催)を受賞。白金台店を移転し、新たに代官山店をオープン。
ミラノサローネ国際家具見本市(Salone del Mobile.Milano)にて、皆川 明が「Kvadrat(クヴァドラ)」よりインスタレーション「FOREST COMES HOME.」を発表。新作テキスタイルKvadrat by Akira Minagawaを展示した。
東京・青山のスパイラルにカフェを併設する新コンセプトショップ「call(コール)」をオープン。
2017
金沢に直営店をオープン。
東京・代官山にテキスタイルを中心としたインテリアに重点を置いたショップ「minä perhonen materiaali(マテリアリ)」をオープン。
ミラノサローネにて、イタリアの陶磁器ブランド「Richard Ginori(リチャード ジノリ)」より、皆川 明デザインのテーブルウエアコレクションが発表される。

thoughts

「一枚の服が、着られて着られてすっかり体のクセがしみこんで。
記憶をたどるクタクタの一着を、僕がこの仕事を終えるとき、
どこかで誰かが着ていてくれる。そんな一着をつくることが
あったらいいと思っている」(毎日ファッション大賞受賞時の皆川 明コメント)。
デザイナーの手を離れた服が、着る人の持つ新しい時間軸の中で育っていくことを願う。