2017.11.22

1930年にパリで生まれ、生涯をかけて数多くの作品を残した画家 ロベール・クートラス。
彼が生前売ることも散逸させることも望まなかった「リザーブ」と称される作品群をはじめ、膨大に残されたデッサンや主要な作品が収録された600ページに渡る作品集
『Robert Coutelas 1930-1985 ロベール・クートラス作品集 ある画家の仕事』が、11月28日より森岡書店にて、手札サイズのカルトをはじめとするクートラスの作品と共にご覧になれます。

ロベール・クートラス ある画家の仕事
会期:2017年11月28日(火)〜12月3日(日)
   13:00〜20:00
場所:森岡書店
   東京都中央区銀座1-28-15 鈴木ビル1F

デザイナーの皆川も彼の作品と人生に魅了されていることもあり、
作品集をデザインされた須山悠里さんと12月1日にトークをさせていただきます。

トークイベント「クートラスの本」皆川 明×須山悠里
日時:2017年12月1日(金) 19:00〜20:30(18:30開場)
会場:東京都中小企業会館
   東京都中央区銀座2-10-18 9階 講堂
料金:¥1,500
ご予約・お問い合わせ:03-3535-5020(森岡書店)

1冊の本だけを扱う森岡書店にて、クートラスの世界に浸れるこの機会。
どうぞみなさまで足をお運びくださいませ。


つづき

2017.11.20

新しいインテリアファブリックができあがりました。
11月25日(土)より京都店、金沢店、松本店、materiaali、metsäにて発売いたします。

今回は、初めての試みとして、
インテリアファブリックのために描きおろしたデザインが登場いたします。
フィンランド語で「つぼみ」を意味する“nuppu”と名付けられた刺繍柄。
薄手のコットンリネンに並べられた粒は、開花を待つつぼみ、ほどけゆくつぼみ、
小さく可憐なモチーフが風や光を通し揺れる愛らしいテキスタイルです。
新たに仲間入りした新柄をどうぞよろしくお願いします。

アーカイブ柄から今回登場するのは“dear”。
“dear”は平織りのリネン地に、同色の刺繍を施しました。
beigeとwhiteの2色展開で、空間を選ばずご使用いただけそうです。
それぞれに暮らしに溶け込むようなシックな佇まいのファブリックは、
カーテンにもおすすめです。
趣の異なる2種類のファブリックをぜひ店頭にてご覧くださいませ。

-nuppu 
linen 63% cotton37%
white / light gray / mint / navy / khaki
¥9,000 /m + tax(生地幅148cm)

-dear
linen 100%
white / beige
¥12,000 /m + tax(生地幅110cm)

*インテリアファブリックのカットは、1m以上50cm単位で承ります。
*発売日初日はたくさんのお客様のご来店が予想されますので誠に恐れ入りますが、
ご購入頂ける長さを、おひとりさま全種類合わせて合計10mまでとさせていただきます。
また、小分けのカットは承ることができませんのでご了承くださいませ。
*オープン時間よりも早くお客様にお並びいただいた場合には10時より整理券をお渡しし、
お渡しする整理券の番号によって対応させて頂く場合がございます。
*お電話による通信販売は11月28日(火)より開始させていただきます。
通信販売でご案内できる商品は、店頭での在庫状況に応じてご用意できるものとなります。
さまざまに制限があり大変恐れ入りますが、お客様にお並びいただくことや、店内でお待ちいただく時間を少しでも短くできるよう努めて参ります。
どうかご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ:
京都店 075-353-8990
金沢店 076-223-3722
松本店 0263-38-0137
materiaali 03-6821-3737
インフォメーションデスク 03-5793-3700


つづき

2017.11.17

piece, は、ものづくりの過程で生まれた余り布を集めあわせ、新しいプロダクトをつくるプロジェクト。
このたびminä perhonen piece, とkotiにて、パッチワークのハンドバッグを11月18日(土)より発売いたします。

革の持ち手のついた小さなハンドバッグ。日常使いにも、特別な日のドレスと合わせてもお使いいただけます。
ぐるりとファスナーがついており、物の出し入れがしやすいので、ちょっとした旅行にも活躍しそうです。
布の組み合わせによる個性の違いを店頭でご覧いただき、お好みの組み合わせを見つけていただけましたら幸いです。

-piece, ハンドバッグ (H22×W27×D9cm)
¥24,000 + tax

オープン時間よりも早くお客様にお並びいただいた場合には、10時より整理券をお渡しいたします。
*kotiは10時よりオープンいたしますので、9時より整理券をお渡しいたします。
大変心苦しくはございますが整理券の番号順で対応させていただきますこと、ご理解のほどお願い申し上げます。
各店舗へのお電話による通信販売は11月21日(火)より開始させていただきます。
通信販売でご案内できる商品は、店頭での在庫状況に応じてご用意できるものとなりますので予めご了承くださいませ。

piece, ではほかにも、余り布を取り入れたバッグや小物が時折入荷します。
アーカイブのテキスタイルが顔を覗かせるプロダクトは、その時々の出会いを待ち控えております。
ぜひお立ち寄りくださいませ。

お問い合わせ:
piece, 東京 03-6440-0163
piece, 京都 075-353-8937
koti 0466-31-0737


つづき

2017.11.16

テキスタイルデザイナーの田中景子が、『エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ七夜連続上映2017』に参加いたします。
12月5日(火)19:00より、文化人類学の分藤大翼さんと「100年後の糸と布」をテーマにお話しします。

エンサイクロペディア・シネマトグラフィカは
第二次世界大戦後にドイツで始まったプロジェクトで、
人々の暮らしや生きものの生態を記録し、映像による百科事典を目指した動きだそうです。
3000以上のアーカイブ映像があり、日本で全タイトルの16mmフィルムを保有する下中記念財団を中心に、近年、アーカイブの貸し出しや活用への動きが生まれています。
http://ecfilm.net/

今回のイベントは、12月2日(土)〜8日(金)まで、毎夜、背景もさまざまな登壇者がそれぞれのフィールドについて映像とともに語るもの。
7夜連続の個性的な語りと映像の夜。
これは私どもの参加日だけでなく、他の夜も是非お出かけください。

チケット:特別鑑賞券2,000円(当日2,200円)、3回券 5,400円
ポレポレ東中野にて発売中(全席自由席・整理番号順入場)
詳しくは、下記URLをご覧ください。
http://ecfilm.net/show/pole2017


つづき

2017.11.15

コペンハーゲンで生まれ育った井上兄弟(井上聡、井上清史)によって2004年に設立されたThe Inoue Brothers。
"Style can't be mass-produced" (スタイルは大量生産できない)をモットーに、デザインをツールに社会貢献へとつなげることを大切にものづくりを続けられています。
今回は、彼らが大切にしている素材のひとつ、ビクーニャによるニットの受注会を開きます。 
ビクーニャとは、アンデス山脈の高原に生息する希少な動物。
その地域では「アンデスの黄金」と呼ばれ、金より価値があると信じられてきた、太陽のように輝く非常に繊細でやわらかな毛を備えています。
ビクーニャで編みたてたニットの心地よさを、The Inoue Brothersと共にminä perhonenのデザインでご紹介できるこの機会を、
私たちも大変楽しみにしております。
会期中、彼らが取り組むアンデス地域の発展と先住民の生活向上、アルパカの繊維品質向上のプロジェクトから生まれた
100%天然のナチュラルなベビーアルパカ(Natural Undyed Baby Alpaca)のショールも、minä perhonenデザインにて販売いたします。

minä perhonen × The Inoue Brothers present “The Gold of The Andes”
ビクーニャニット 受注会
期間:2017年12月2日(土)〜2017年12月10日(日)
場所:call
お問い合わせ先:call 03-6825-3733
*ご予約いただいたニットのお渡しは2018年9月頃を予定しております。
*ご予約後のキャンセルはお受けできませんことをご了承ください。

初日の2日には、デザイナーの皆川が聡さんにアンデスのものづくりについてお聞きいたします。
こちらのトークイベントのチケットは、11月18日(土)12:00よりmetsäにて販売いたします。

-The Inoue Brothers 井上 聡さん × 皆川 明 トークイベント
日時:2017年12月2日(土) 19:30〜20:30
定員:30名
価格:1,080円(税込、ワンドリンク付き)
場所:call
お問い合わせ:call 03-6825-3733
*12月2日は通常とは異なり、19時閉店となることご了承くださいませ。


つづき

2017.11.10

日本人の伝統的な世界観である「ハレ」と「ケ」の「ケ」に着目し、あたりまえの日常を意味する「ケ」の中にある「美」について考えるこの展示に、デザイナーの皆川 明が参加いたします。

皆川が考える「ケの美」について、言葉や写真、皆川が日々使用している「ケ」の品と共に展示されます。
グラフィックデザイナーの佐藤卓さんのディレクションによる今回の展示。
皆川の他、様々な分野で活躍される13名のみなさまの「ケ」もどのようなものが集まるのか、とても興味深い展示となりそうです。
どうぞみなさまで足をお運びくださいませ。

オルビス30周年記念 「ケの美」展
会期:2017年11月17日(金)〜12月24日(日)*会期中無休 / 入場無料
   11:00〜20:00(最終入場は19:30まで)
会場:ポーラ ミュージアム アネックス
   〒104-0061 中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階
アクセス:東京メトロ 銀座一丁目駅 7番出口すぐ 東京メトロ 銀座駅 A9番出口より徒歩6分
参加クリエイター(五十音順 敬称略):石村由起子、緒方慎一郎、小川糸、隈研吾、小山薫堂、塩川いづみ、柴田文江、千宗屋、土井善晴、原田郁子、松場登美、皆川明、柳家花緑、横尾香央留
主催:オルビス株式会社、株式会社ポーラ・オルビスホールディングス
協力:aircord inc.、五十嵐瑠衣、株式会社佐藤卓デザイン事務所、橋本麻里、株式会社モデュレックス


つづき

2017.11.10

このたび、アメリカ・サンフランシスコにあるPlaymountain EASTにて、
“minä perhonen nomad shop”を開催いたします。

minä perhonenのものづくりが、世界の暮らしと出会う旅に出かけます。
食器やトレイ、ブランケットなどの、日々の生活に色どりを添えるアイテムから、
アーカイブの洋服などもご用意いたしております。

minä perhonen nomad shop
会期:2017年11月18日〜12月23日
   11:00〜17:00(金、土は18:00まで)
場所:Playmountain EAST
   555 Alabama st, San Francisco, CA 94110
お問い合わせ:pm-east@landscape-products.net(和英対応)

お近くにお越しの際には是非お立ち寄りくださいませ。


つづき

2017.11.10

ミナペルホネンを日頃よりご愛顧頂きまして心より感謝申し上げます。
この度は私共の商品を購入直後に転売することへの異議、お問い合わせを頂いております件について私の意見をお伝えさせて頂きます。
私達はデザインする上で最善の材料と技術でデザインを表現し、それを適正な価格で販売する事を日々心がけ物作りをしております。それは物作りの継続に繋がりお客様へ暮らしの楽しみを提案し続けたいという願いからです。
転売という目的においてご購入された物は、私達が適正と思い設定した価格より高額で売買されることがあり、本当に必要とされる方に適正な価格で行き渡らないということにつながります。
ですが残念ながら販売させて頂く際に私達は転売目的で買われるという意思を確認する事は出来ません。そして転売目的という事実を知るたびに本当は必要ではなかったんだという残念な気持ちと、必要な方に届かなかった事への申し訳ない気持ちになります。
はっきり申し上げて転売はして頂きたく有りません。転売も個人の自由という事を承知した上で私共の気持ちをお伝えしたいと思います。
材料も製法もデザインも心を込めた仕事を注いでおります。
是非、転売ではなくご自身の暮らしに生かしていただけましたら幸いです。

ミナ ペルホネン 皆川 明


つづき

2017.11.06

Anne Blackはデンマークの陶芸デザイナー。シンプルな佇まいの中に穏やかな線や色彩が柔らかな印象を醸し、彼女のお人柄そのものを表しているような作品を作られています。
2016年の終わりにデンマーク・コペンハーゲンでAnneがかたちづくり、デザイナーの皆川が絵や掻き落としで装飾を施すワークショップを開催。
そして先日、今度はAnneが来日し、東京にて皆川と共作をおこないました。
静かで和やかな空気の中で、Anneが土をこね、生まれていくかたちを見ながら皆川が浮かびあがるイメージを描いていき、ふたりの手によるふたつとない作品が、次々と生み出されていきました。
デンマークと東京のふたつの場所で作られた作品たちを合わせてcallにてお披露目いたします。

Forest In the Ocean
会期:2017年11月10日(金)〜19日(日)11:00〜20:00
場所:call
お問い合わせ先:call 03-6825-3733

*初日にささやかなレセプションパーティを開きます。
Anneさんと皆川と共に、ひとときをお過ごしいただけましたら幸いです。
Reception Party:2017年11月10日(金)19:00〜20:30


つづき

2017.11.06

ナタリー・レテは、子供の頃の思い出や日々の暮らしの中からインスピレーションを得て、絵本やセラミック、テキスタイル、リトグラフなどの多岐に渡る作品を発表しているアーティスト。
ナタリーが挿絵を手がけたバンビの本『BAMBI le chevreuil』と、彼女のドローイング集『IN THE GARDEN OF MY DREAMS』が出版されるのを記念し、
ナタリーのオンリーショップ「Le monde de Natalie」で記念イベントが開催されるのと時期を合わせ、わたしたちもminä perhonenの様々な布をまとったナタリーによるデザインのバンビを発売いたします。
11月11日(土)より、新刊『BAMBI le chevreuil』などと共に、金沢店、materiaali、piece, 京都、call、metsäにてお目見えです。
*metsäではバンビのぬいぐるみのみ発売いたします。

発売日初日である11月11日(土)11:00〜13:00、14:00〜16:00には、
materiaaliの店頭にて、ナタリー・レテご本人とminä perhonenデザイナー 皆川 明がお客様をお迎えし、関連対象商品をお求め頂いた方々にそれぞれのサインをさせて頂くイベントを開催いたします。

ナタリーと共に皆さまをお迎えする特別なこの機会に、ぜひ足をお運び下さいませ。

お問い合わせ:
金沢店 076-223-3722
materiaali 03-6821-3737
piece, 京都 075-353-8937
call 03-6825-3733
インフォメーションデスク 03-5793-3700


つづき

2017.11.03

日々minä perhonenをご愛顧くださり、誠にありがとうございます。
このたびonline shop metsä、ならびにインフォメーションデスクは、事務所を移転する運びとなりました。それに伴い誠に勝手ながら、以下の期間両部門の業務をお休みさせて頂きます。

*online shop metsä
-online shopのお休み
2017年11月16日(木)正午〜11月18日(土)正午
-配送業務のお休み
2017年11月13日(月)〜11月17日(金)

*インフォメーションデスクのお休み
2017年11月13日(月)〜11月18日(土)正午

11月10日(金)18:00以降のご注文につきましては、11月18日(土)より順次お品物を発送いたします。
銀行振込でのご注文につきまして、休業前のご発送をご希望のお客様は、
11月10日(金)15:00までにご入金いただけますようお願いいたします。
それ以降のご入金となりますと、11月21日(火)より順次発送となりますのであらかじめご了承ください。

また、期間中にお問い合わせフォームやメールなどでご連絡をいただいた場合、
ご対応は11月18日(土)以降とさせていただきます。
なお、ご注文とは異なるお品物が届いた場合や、ご配送先やご注文内容の変更等、
緊急のご連絡につきましてはインフォメーションデスクへメールにてご連絡を頂けますようお願い申し上げます。
その他休業期間中のお急ぎのお電話でのお問い合わせにつきましては、直営店舗へご連絡くださいませ。

2017年11月18日(土)より、online shop metsäおよびインフォメーションデスクは営業を再開いたします。(月曜定休)
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、 何卒ご了承下さいませ。

今後とも一層のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせ:インフォメーションデスク info@mina-perhonen.jp


つづき

2017.11.02

2017年10月より販売いたしております“lumi” というコートとスカートにつきまして、品質表示と下げ札の生地混率の表記に誤りがあることがわかりました。

誤)
表生地
毛87% 綿13% (下げ札表記は コットン13%)
フロッキープリント部分
レーヨン100%

正)
表生地
毛87% 13% (下げ札表記は シルク13%)
フロッキープリント部分
レーヨン100%

お客様には、ご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。

なお、該当商品のクリーニングやお取り扱い方法につきましては、絵表示の通りで間違いございません。
ご希望のお客様には、品質表示の付け替えをさせていただきますので、
インフォメーションデスクまで、ご連絡くださいませ。

今後このような誤表記が無いよう、充分に気を付けて参りますので、
何卒よろしくお願い申し上げます。


つづき

2017.11.02

デンマークの国民的チェアといわれるFDB MøblerのJ46に、
デザイナーの皆川がデザインした座面と背面にクッションがついた“Hippo(ヒッポ)”が、11月4日(土)より先行発売されます。
“Hippo”は英語のHippopotamusからきており、その名のとおりカバの意。
皆川がデザインしたクッションの形がカバの口のようであったことから、
この名前が付けられました。
アーカイブテキスタイルから、centofiori、hana yuki、tambourine、choucho、land puzzleが、それぞれのテキスタイルに合ったカラーの椅子に座面と背面のクッションとなり登場いたします。

2017年は日本とデンマークの外交関係樹立150周年。
callの入るスパイラルの1階 ShowcaseでのPOP UP STORE、
金沢21世紀美術館にて開催中の
「日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念展覧会日々の生活 -気づきのしるし」に合わせ、同美術館のミュージアムショップ、
また、コペンハーゲンのFDB Møbler Roskilde、日本とデンマークの3ヶ所にてお披露目となります。

-Hippo POP UP STORE in Showcase
期間:2017年11月4日(土)〜10日(金)11:00〜20:00
場所:スパイラル1F Showcase
   東京都港区南青山5-6-23
お問い合わせ:03-3498-4015

-金沢21世紀美術館 ミュージアムショップ
期間:2017年11月4日(土)〜5日(日)10:00〜18:30
   *4日(土)は20:30まで。
場所:金沢21世紀美術館 ミュージアムショップ
   石川県金沢市広坂1-2-1
お問い合わせ:076-236-6072

-FDB Møbler Roskilde
期間:2017年11月4日(土)〜
場所:Algade 47A 4000 Roskilde DENMARK

先行発売期間中にHippoをご購入いただいた方に先着でチャームがプレゼントされます。(日本・数量限定)

お問い合わせ:グリニッチ代官山 03-6416-5650


つづき

2017.11.02

道に落ち葉がつもり、枝の隙間から月や星のまたたく季節となりました。
毎日の定番としてお楽しみいただきたいalways デニム。
piece, 東京、piece, 京都では、alwaysのデニムをリメイクして、
お客様の特別な一本をおつくりするオーダーを、毎月限定でお受けしております。
11月は、東京で10本、京都で5本、承ります。
丸い布と四角い布、2種類をご用意しております。

デニムの価格は、パッチワークする枚数に応じて異なります。

9枚 ¥42,000 + tax
15枚 ¥45,000 + tax
29枚 ¥50,000 + tax

店頭にご用意しているデニムから、形とカラーをお選びいただき、
テキスタイルと配置もお気持ちをおうかがいして参ります。
メンズサイズのご用意もございます。

ご予約をお受けしてからお渡しまでは、ひと月ほど。
お客様にとって特別な一本となるよう、ひとつひとつ心をこめてご用意いたします。
写真はリメイクの一例です。

お気に入りの一本をつくりにpiece, 東京、piece, 京都へ是非いらしてくださいませ。

お問い合わせ:
piece, 東京 03-6440-0163
piece, 京都 075-353-8937


つづき

2017.10.30

11月1日(水)〜14日(火)まで、阪急うめだ本店 6階コトコトステージ61にて、
minä perhonenによる「冬支度〜ソトとイエ〜」と題したフェアを開催いたします。
この期間先行発売となるタンブラーやフードコンテナ、また、クッションやブランケットなど、
これから訪れる冬を、家の中でも外でも暖かく過ごしていただけるようなアイテムをご用意いたします。
タンブラーとフードコンテナには、この機会にデザイナーの皆川が描き上げたひらひらと舞う蝶がプリントされています。
是非足をお運びくださいませ。

「冬支度〜ソトとイエ〜」by minä perhonen
会期:11月1日(水)〜11月14日(火)
場所:阪急うめだ本店 6階コトコトステージ61
お問い合わせ:阪急うめだ本店 06-6361-1381


つづき

2017.10.27

11月3日(金)より新たなランドリーシリーズを代官山店、京都店、金沢店、松本店、koti、metsäにて発売いたします。
この度はコーディネートが華やぐような花々をテーマとしたテキスタイルのお洋服が並びます。
花が光の様に集まり、反射している様子を描いた“flower diamond”をはじめ、
指を使って描かれた花が生地いっぱいに咲いている“sonata”、
花たちが規則的に、そしてそれぞれの表情で踊るように咲いているテキスタイル“giardino”がランドリーシリーズとして登場します。
どのアイテムもくっきりとした色合いにてご用意しており、秋冬のシックな色調のアイテムと合わせて、
コントラストを効かせたコーディネートをお楽しみ頂けそうです。

また、同日よりラムウール糸で織り上げた無地のブランケット“mou”が、metsäを除く上記店舗に並びます。
ラムウールの特性であるしなやかな質感のブランケットは保温性が高く、暖かな空気に包まれているような安堵感を感じられる一枚。
インテリアに溶け込む無地のテキスタイルに、forest paradeのモチーフがひとつ揺れています。

-flower diamond
ブラウス ¥32,000 + tax
ドレス ¥44,000 + tax
cotton 100%
red / charcoal

-sonata
ブラウス ¥30,000 + tax
ドレス ¥52,000 + tax
cotton 60% silk 40%
blue / green

-giardino
ドレス ¥43,000 + tax
スカート ¥32,000 + tax
linen 100%
bordeaux / green

-ブランケット “mou”
大サイズ(214×147cm)¥30,000 + tax
小サイズ(105×147cm)¥16,000 + tax
wool 100%
yellow / light gray / brown / navy

オープン時間よりも早くお客様にお並びいただいた場合には、10時より整理券をお渡しいたします。
*kotiは10時よりオープンいたしますので、9時より整理券をお渡しいたします。
大変心苦しくはございますが整理券の番号順で対応させていただきますこと、ご理解のほどお願い申し上げます。
各店舗へのお電話による通信販売は11月7日(火)より開始させていただきます。
通信販売でご案内できる商品は、店頭での在庫状況に応じてご用意できるものとなりますので予めご了承くださいませ。
またブランケット“mou”のmetsäでのお取り扱いは、11月下旬を予定しております。

お問い合わせ:
代官山店 03-6826-3770
京都店 075-353-8990
金沢店 076-223-3722
松本店 0263-38-0137
koti 0466-31-0737
インフォメーションデスク 03-5793-3700

どこかへ出掛けたくなるような心が弾むお洋服の数々と、新たな季節の訪れを感じさせる暖かなブランケット。
ぜひ店頭にてご覧下さいませ。


つづき

2017.10.26

これまで様々なテキスタイルでお届けしてきたミニバッグ。piece, 東京、piece, 京都では、ミニバッグのカスタムオーダーを承ります。
店頭にご用意しているテキスタイルラインナップの中から、表と裏の生地をそれぞれお好きな組み合わせでお選びいただけます。

10月28日(土)よりテキスタイルのラインナップに新たに数柄が仲間入りします。

-tambourine
-choucho
-flower bed
-mermaid
-giardino

オーダーミニバッグ
¥4,000 + tax

ご予約をお受けしてからお渡しまでは、ひと月ほど。
ひとつひとつ心をこめてご用意いたします。

生地にはそれぞれ限りがございますので、予めご了承くださいませ。

お問い合わせ:
piece, 東京 03-6440-0163
piece, 京都 075-353-8937

お客様ご自身だけの特別なミニバッグをつくりに、
piece, 東京、piece, 京都へ是非いらしてくださいませ。


つづき

2017.10.25

頬にあたる風はひんやりと冷たく、太陽が駆け足で身を隠してしまう時候の中ではございますが、minä perhonenでは早々にその先のシーズンのコレクションをご覧いただけるご予約会を開きます。
東京と京都にて開催する2018春夏コレクションのご予約会では、サンプルを店頭に並べ、ご予約と入荷連絡のご希望を承ります。
また、online shop metsäでもご予約会として新作を掲載いたしましてご予約を承ります。
金沢店・松本店では11月24日(金)より、kotiとpiece, 東京では11月28日(火)より店頭にてご予約と入荷連絡のご希望を承ります。
またお電話によるご予約につきましては、インフォメーションデスクを含む全ての店舗で11月28日(火)より承らせていただきます。

まだ見ぬ新しい季節を描く新たなコレクションテーマは「共生する」。
自然の摂理の中で生まれる命の循環とそれぞれの命が共生している姿に思いを馳せ、「群生している命」というテーマも浮かび上がりました。
身を寄せながら凛然と慎ましく咲く小さな花々、近付き、集まりながらも繋がらずに輝く個体の集積。
それぞれの存在に思いを巡らせながら、この度のコレクションが生まれました。
ぜひ店頭へ、ご覧になりにいらしてください。

【ご予約会】
women's
旧白金台店 11月7日(火)〜11月12日(日) 12:00〜20:00
(ご予約会は旧白金台店にておこないます。)
京都店:11月17日(金)〜11月22日(水) 12:00〜20:00
metsä:11月21日(火) 正午頃〜11月26日(日)18:00


men's
代官山店:11月17日(金)〜11月19日(日)11:00〜20:00
京都店:11月24日(金)〜11月26日(日)12:00〜20:00

petit
京都店:11月24日(金)〜11月26日(日)12:00〜19:00
call:11月17日(金)〜11月19日(日)11:00〜20:00
*callでは、入荷連絡のみ承ります。

お問い合わせ:
代官山店 03-6826-3770
京都店 075-353-8990
金沢店 076-223-3722
松本店 0263-38-0137
call 03-6825-3733
インフォメーションデスク 03-5793-3700

*旧白金台店
住所:東京都港区白金台5-18-17 3階
11月7日〜11月12日の期間のみオープン致します。


つづき

2017.10.25

10月28日(土)より京都店、金沢店、松本店、materiaali、metsäにて、新しいインテリアファブリックを発売いたします。
小さなお花の刺繍が生地いっぱいに散りばめられたskipのテキスタイルをご紹介いたします。風に揺れるような軽やかさを持つリネン生地に愛らしいお花が浮遊するように表現されています。
小窓のカーテンや、クッションカバー等、小さな面積でも空間が華やぐようなテキスタイル。是非店頭にてご覧くださいませ。

-skip
linen 100%
white / light gray/ light green / blue / charcoal
¥21,000 /m + tax(生地幅148cm)

*インテリアファブリックのカットは、1m以上50cm単位で承ります。
*発売日初日はたくさんのお客様のご来店が予想されますので誠に恐れ入りますが、ご購入頂ける長さを、おひとりさま全種類合わせて合計10mまでとさせていただきます。
また、小分けのカットは承ることができませんのでご了承くださいませ。
*オープン時間よりも早くお客様にお並びいただいた場合には、10時より整理券をお渡しし、お渡しする整理券の番号によって対応させて頂く場合がございます。
*お電話による通信販売は10月31日(火)より開始させていただきます。通信販売でご案内できる商品は、店頭での在庫状況に応じてご用意できるものとなります。

さまざまに制限があり大変恐れ入りますが、お客様にお並びいただくことや、店内でお待ちいただく時間を少しでも短くできるよう努めて参ります。どうかご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ:
京都店 075-353-8990
金沢店 076-223-3722
松本店 0263-38-0137
materiaali 03-6821-3737
インフォメーションデスク 03-5793-3700


つづき

2017.10.24

日々、minä perhonenをご愛顧くださり、誠にありがとうございます。
このたび弊社で利用している運送会社の料金改定に伴い、online shop metsäを含む各直営店舗と、インフォメーションデスクからの配送にかかる送料を改める運びとなりました。
これまで配送にかかる送料の一部として、一件あたり540円の代金を頂戴しておりましたが、今後は以下の通り改めさせていただきます。

*改定日
2017年11月1日より

*ご配送料金
全国一律648円

なお、5,000円以上お求め頂いた場合には、これまで通り一件の配送先分の送料を弊社にて負担いたします。

この度の配送料改定により皆さまのご負担額が増えてしまいますこと、誠に心苦しくはございますが、何卒ご理解いただけましたら幸いです。今後ともminä perhonenをどうぞよろしくお願いいたします。


つづき

2017.10.23

11月3日文化の日、callのテラスでマーケットを開催いたします。
高い秋空の下、第一線で活躍するスタイリストやフォトグラファー、デザイナーなど、様々な分野の方々を呼び集め、それぞれのテーブルクロスの上で思い思いの品物を並べて販売していただきます。
「みんなの本棚」に並ぶ本は、本にまつわるプロフェッショナルの方々が持ち寄って下さったものをご紹介いたします。
テーブルクロスと本棚に広がる様々な世界。素敵な出会いがありますように。

Tablecloth Market / みんなの本棚
日時:2017年11月3日(金・祝) 11:00〜16:00
場所:call テラスにて
東京都港区南青山5-6-23 SPIRAL 5F
問い合わせ先:call 03-6825-3733

*荒天の場合はcall店内での開催となります。
*混雑する場合は入場規制することがあります。ご了承くださいませ。
*オープン時間よりも早くお客様にお並びいただいた場合には、10時より整理券をお渡しする場合がございます。

-Tablecloth Market 参加者
江口 宏志(本好き / 蒸溜家見習い)+ 山本 祐布子(イラストレーター)
木寺 紀雄(フォトグラファー)
サイトヲ ヒデユキ(アートディレクター)+ 熊谷 幸治(土器作家)
作原 文子(インテリアスタイリスト)
須山 悠里(アートディレクター)+ 西本 良太(木工作家)+ 葉田 いづみ(グラフィックデザイナー)
ダビッド・グレットリ(デザインディレクター)
ドリルデザイン(デザイナ−)
中林 友紀(インテリアスタイリスト)
柳原 照弘(デザイナ−)
山野 英之(グラフィックデザイナー)
ル・ベスベ(花屋)
皆川 明(デザイナー)

-みんなの本棚 出品者 (本のご提供のみ)
安藤 貴之(編集長 / Pen編集部)
猪飼 尚司(編集者・ライター)
江口 研一(翻訳家・料理家 / food+things)
衣奈 彩子(編集・ライター / UTSU-WA?主宰)
上條 桂子(編集・執筆)
川上 典李子(ジャーナリスト)
河野 友紀(ライター)
Gottingham(写真家)
小林 エリカ(作家・漫画家)
指出 一正(編集長 / ソトコト編集部)
柴田 隆寛(編集者)
須藤 幸恵(編集者)
関 直子
曽田 真菜(編集者 / Polar Inc.)
土田 貴宏(ライター)
西川 里枝(編集者)
幅 允孝(ブックディレクター / BACH代表)
林 貴則(編集者 / Polar Inc.)
林 央子(編集・執筆)
ほしよりこ(漫画家)
星本 和容(ディレクター / MilK JAPON編集部)
松原 亨(編集長 / Casa BRUTUS 編集部)
三宅 和歌子(フリーランスエディター)
山口 博之(ブックディレクター・編集者)
山田 泰巨(編集者)

*現時点で決定している参加者です。敬称略。

写真:撮影 木寺 紀雄 / スタイリング 作原 文子
音楽協力:坂口 修一郎
企画協力:竹形 尚子(daily press)


つづき

2017.10.21

流れてゆく時に意識を傾ける今の季節によく似合う、Donatella Pellini × minä perhonen のアクセサリーを発売いたします。
Donatella Pellini(ドナテラ・ペリーニ)は、イタリアでパールやクリスタルなどの半貴石や、樹脂や紙、時に香辛料などのパウダーなど、様々な素材を組み合わせ、独特の表情を持つビジューを生み出しているブランド。
このたび、2017-18→AWコレクションに合わせてminä perhonenとのコラボレーションによる特別なアクセサリーを作っていただきました。candle、petal flame、jardinをレジン(樹脂)にとじこめたネックレスやバングル、ブローチなどが、10月21日(土)より、代官山店、京都店、金沢店、松本店、piece, 東京、callに並びます。
minä perhonenのテキスタイルとDonatella Pelliniの豊かな想像力から生み出された美しいアクセサリーは、装うだけで個性を引き立ててくれるような一品。
デザインとクラフトの融合を合わせ持ったDonatella Pelliniのアイテムを是非、店頭にてご覧くださいませ。

お問い合わせ:
代官山店 03-6826-3770
京都店 075-353-8990
金沢店 076-223-3722
松本店 0263-38-0137
piece, 東京 03-6440-0163
call 03-6825-3733


つづき

2017.10.19

このたびcallにて、デザインユニットCOMPANY(カンパニー)による展示“MOSS MOSS Secrets of Southern Japan”を開催いたします。
minä perhonenがフィンランド・ヘルシンキで出会ったデザインユニットCOMPANYは、チャーミングで自由な発想の持ち主。Aamu SongとJohan Olinの二人が世界各地の伝統を継承するものづくりの現場を訪ね歩き、その技術に沿いながら新たなものをつくりだすプロジェクト「Secrets of 〜」のシリーズから、今回は九州との取り組みが発表されます。2016年春から何度も九州の工芸の担い手を訪ね、その自然や職人たちの温かな人柄に触れるうち、彼らは九州で新しい生活を象徴するようなプロダクトをつくりたいと考えるようになったと言います。
MOSS MOSSと題した今回の展示は、木や苔がメインモチーフとなりました。古来の森に棲むいのちの源泉を取り入れた、COMPANYによる解釈が楽しみです。
炬燵カバーに提灯、長太郎人形など、ラインナップも興味深いものばかり。この展示を通して、彼らの楽しいクリエイティビティを感じていただけましたら幸いです。

MOSS MOSS Secrets of Southern Japan by COMPANY (Aamu Song & Johan Olin)
会期:2017年10月28日(土)〜11月9日(木)
場所:call
お問い合わせ先:call 03-6825-3733

初日の10月28日(土)18:00〜19:30にはささやかなレセプションパーティを行います。Aamu SongとJohan Olinのお二人とご一緒に楽しいひとときをお過ごしいただけたら幸いです。

*この企画はSPIRAL1階のMINA-TOとの連動企画です。MINA-TOでも、11月1日〜12日で同タイトルの展示を行いますので、どうぞ両店での展示をお楽しみください。


つづき

2017.10.19

岩手の盛岡にある、宮沢賢治とゆかりの深い光原社。出版社からはじまった光原社は、さまざまな民藝運動家や作家との交流を経て、独自の視点でこれまでに様々な民藝を発信されてきました。このたび、minä perhonenが光原社に出張し、「ノマド展」と題して展示と販売を行うことになりました。
今回のためにデザイナーの皆川が描き下ろした手ぬぐいをはじめ、エプロンやバッグなど、暮らしの中で長くご使用いただきたいアイテムを揃えています。

minä perhonen ノマド展
日時:10月29日(日)〜11月5日(日) 10:00〜18:00 会期中無休
場所:光原社 いーはとーぶ館
   岩手県盛岡市材木町2-18
お問い合わせ:光原社 019-622-2894

初日の29日には、皆川も光原社にてみなさまをお出迎えいたします。
是非この機会に秋の盛岡へお出掛けくださいませ。

主な展開アイテム:手ぬぐい、ハンカチ、エプロン、衣類、バッグ(piece, bagやpanini bagなど)、巾着、Thank you bery badge、リボン、ブックカバー、クッション、ブランケット、ファブリックボード、インテリアファブリック、トレイ、うつわ


つづき

2017.10.16

ミナ ペルホネンのテキスタイルは、やわらかな風合いや繊細な色彩表現を大事にしておりますので、お手入れの際には、ひと手間をかけていただくことでより状態を保ちやすく、長くお楽しみいただけます。

たとえば、色について、濃色のものは多少の色移りや色落ちの可能性があります。淡色のものと接する、または摩擦があると、色移りする場合がございます。
ベースが濃色のテキスタイルに淡色の刺繍糸で刺繍を施したテキスタイルにつきまして、商品によっては水洗いの際に、すすぎで色水が出て、刺繍糸に色が移りやすくなる場合が稀にございます。
その場合にも、色が出なくなるまで何度か水をかえ、手で丁寧に押し洗いをして、色水がでなくなるまでこの作業繰り返してください。
色水が出なくなれば色移りの心配はございませんので、ご安心ください。
入念に脱水したのちは放置せず、すぐに干してください。

また、万が一、色移り又はご不明な点がございましたら、弊社までご相談ください。

ミナ ペルホネン インフォメーションデスク
E-mail info@mina-perhonen.jp
tel 03 5793 3700 (12時〜19時、月曜・年末年始休)


つづき

2017.10.12

ミナ ペルホネン デザイナーの皆川 明が題字と挿画を手がけた、日本経済新聞の夕刊連載小説『森へ行きましょう』。作家川上弘美さんにより2016年1月から2017年2月まで332話が連載されましたが、このたび一冊の単行本となり、全国の主要書店に並びはじめました。

紙面を飾った挿画も数点収録され、書籍化にあたっては新たに表紙と表紙カバーの絵を描き下ろすことで、再び皆川が参加させていただきました。カバーをめくるとまたそこに広がる世界。
川上弘美さんの物語と、物語の想像を膨らませる余白を生む山口信博さんの静かに美しい装丁が呼応する書籍を多くの方にご覧いただきたく思います。

-森へ行きましょう
著者 川上弘美
装丁 山口信博
装画・題字・挿画 皆川 明
発行所 日本経済新聞出版社
¥1,700 + tax


つづき

2017.10.11

ミナ ペルホネン デザイナーの皆川 明が監修を務めるプロジェクト「POOL」。ライフスタイルショップのイデーにより展開され、ハギレや端材、販売できなくなった商品を集めてさまざまな作り手と共に新たな価値のある商品へと再生させる取り組みです。このたびイデーショップ 自由が丘店をはじめ3店にて、「POOLとしょうぶ学園」が開催されます。鹿児島にある知的障害者支援施設『しょうぶ学園』のアーティストと共に作られた自由で力強いアート作品や1点ものをはじめ、日々の暮らしが楽しくなるプロダクトなどが展示販売されます。

POOLとしょうぶ学園
会期:2017年10月13日(金)〜11月6日(月)
場所:イデーショップ 自由が丘店、イデーショップ ヴァリエテ(渋谷)、イデーショップ梅田店
*1点もの・アートの展示販売はイデーショップ 自由が丘店 / 梅田店のみで展開。

店舗詳細などは下記URLにてご確認くださいませ。
http://www.idee.co.jp/shop/news/201709/pooltoshobu.html

*10月14日(土)に開催されるトークイベントは、定員に達したために受付を終了いたしております。ご了承くださいませ。


つづき