*かごには何も入っていません。

7/16 手を伝っていくもの

絵を描く時
紙の上には頭の中にある
景色が映っているので
私はそれを色んな道具で辿っている
ような感じで絵を描きます
それは小さな頃
粘土でウサギやリスを作るときから
変わっていません

形や景色が頭から手を伝って
具体となることが不思議でしたが
今は水蒸気が水になるようなことなんだって
わかってきました

頭から手へ景色が伝っていく時に
私の空想の分子のようなものが
入っていくのを感じます

私がものをつくる喜びは
そんなところにあるのだなと思います

prev
next

archive

ミナ ペルホネンのletterを、メールでお受け取りいただけます。