*かごには何も入っていません。

7/9 小さな鳥

ガムラスタンの骨董屋
ショーケースの奥のほう
翼を広げて飛ぶまねしてる
ブロンズの小さな鳥は
もう何年も空を知らない

値札も剥がれた小さな鳥よ
おまえの自由と希望は
まだ失せてはいないだろうか

店主にケースを指差して
『あの鳥を』
主人は最小限の笑みと一緒に
小さな鳥をつまみだし
私の掌にポトリと落とした

旅のある日
一羽の小さな鳥は
私の掌の上で
空を見ている

prev
next

archive

ミナ ペルホネンのletterを、メールでお受け取りいただけます。