2018.08.17

8月25日(土)より、新しいインテリアファブリックを発売いたします。
京都店、金沢店、松本店、materiaali、metsäでの展開です。
静かに佇む花々の影を刺繍で表現したテキスタイル“lyric”は秋へと向かう空のような2色展開で、
うさぎの群れが連なる“run run run”は淡く穏やかなカラーを纏い、原画に残る筆跡の濃淡をやわらかに表現いたしました。
ほのかに影を帯びたような奥行きのあるカラーを豊富に揃えた“tambourine”と合わせて、多彩なファブリックが店頭に並びます。

すこしずつ明かりを灯す時間が長くなってゆく頃。
季節の間に漂う空気を帯びたファブリックを、ぜひ店頭へご覧になりにいらしてくださいませ。

-lylic
麻 100% (生地幅140cm)
white / gray
¥17,000 / m + tax

-run run run
linen 100% (生地幅150cm)
white / beige / light pink
¥8,500 / m + tax

-tambourine
linen 100% (生地幅140cm)
white / light green / light blue / light brown / smoky green
¥15,000 / m + tax

*インテリアファブリックのカットは、1m以上50cm単位で承ります。
*発売日初日はたくさんのお客様のご来店が予想されますので誠に恐れ入りますが、ご購入頂ける長さをおひとりさま全種類合わせて合計10mまでとさせていただきます。
また、小分けのカットは承ることができませんのでご了承くださいませ。
*オープン時間よりも早くお並びいただいたお客様には、オープン時間の1時間前より整理券をお渡しいたします。整理券の番号順に、対応させていただきます。

通信販売:8月28日(火)より、完売前の商品につきましては通信販売を承ります。

さまざまに制限があり大変恐れ入りますが、お客様にお並びいただくことや、店内でお待ちいただく時間を少しでも短くできるよう努めて参ります。
どうかご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ:
京都店 075-353-8990
金沢店 076-223-3722
松本店 0263-38-0137
materiaali 03-6821-3737
インフォメーションデスク 03-5793-3700


つづき

2018.08.15

スロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで2年毎に開催される世界最大希望の絵本原画コンクール、「ブラティスラヴァ世界絵本原画展(略称 BIB)」。
2017年に開催されたコンクールに、『はいくないきもの』(文・谷川俊太郎、絵・皆川 明、発行・クレヨンハウス)がノミネートされ、
現在、日本巡回展として、『はいくないきもの』の一部の原画をはじめ、受賞作などが福岡県にある久留米市美術館にて展示されています。

ブラティスラヴァ世界絵本原画展
会期:2018年7月21日(土)〜9月9日(日)
   10:00〜17:00(入館は16:30まで)
会場:久留米市美術館 本館1階
   福岡県久留米市野中町1015
お問い合わせ:0942-39-1131
http://www.ishibashi-bunka.jp/kcam/exhibition/20180721-2/

会場には、『はいくないきもの』のいきもののフォトスポットも設置されています。
大人も子供もお楽しみいただける展覧会、どうぞお運びくださいませ。


つづき

2018.08.14

寺山修司作品を藤田貴大さん(マームとジプシー)の解釈で構成し上演された、2015年の演劇『書を捨てよ 町へ出よう』が、今秋再演されます。今回もminä perhonenが衣装参加いたします。

10月の東京をはじめ、ほか上田、三沢、札幌の3都市とパリに巡回を予定する同作。
東京公演のチケットが発売となりました。

初演から3年、どのような舞台となるでしょうか。
新しい作品をものすごい密度で生み出し続ける藤田さんの、同作への今回のアプローチ。
初演が舞台デビューとなった村上虹郎さんから今回は佐藤緋美さんが主演を継ぎ、新しい編成での舞台表現となります。

寺山修司 没後35年記念
東京芸術劇場
RooTS SERIES 『書を捨てよ 町へ出よう』
会期:2018年10月7日(日)〜21日(日)
会場:東京芸術劇場 シアターイースト
チケット料金:一般前売 ¥4,800 一般当日 ¥5,300(全席指定・税込)など

チケット取扱い・お問い合わせ:
東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296
www.geigeki.jp/ti/(PC)
www.geigeki.jp/i/t/(携帯)

ほか、チケット販売はチケットぴあ、ローソンチケット、e+(イープラス)にて

イラストレーション:宇野亞喜良
AD:名久井直子
撮影:井上佐由紀


つづき

2018.08.10

まだまだ暑い日が続いておりますが、イタリアの素敵なバッグブランド Luisa Cevese Riedizioni(ルイザ・チェヴェーゼ・リエディツィオーニ)とのコラボレートをまた一つ、ご紹介いたします。
テキスタイルとポリウレタン樹脂を融合させた完全ウォータープルーフのテキスタイルで作ったバッグ。

Luisa Cevese Riedizioniは、テキスタイルデザイナーでもあるルイザ・チェヴェーゼさんが1996年に設立したブランド。
さまざまなプロダクトを作る際に出た材料をリユースし樹脂と化合させ、スマートで軽いウォータープルーフの美しいバッグを生み出すことに定評があります。

かねてからお互いの仕事をリスペクトしていた私たちとルイザが今年のミラノサローネで出会いました。
彼女の工房を訪ね、その考えとデザインに賛同して、オリジナルテキスタイル“yamanami”でミナのためのバッグを作っていただくこととなりました。
波とも山とも見える大胆な筆致のyamanamiが樹脂と一体となり、少し艶を帯びた新しい表情を備えています。

リップを収めるぐらいの小さなポーチから、ピクニックに持ち出せそうな大きなバッグまで、様々なスタイルを8月10日(金)より、materiaaliとオンラインストアmetsäを除くminä perhonen 全店(京都はpiece, にて)と、callにてご覧いただけます。

日々の暮らしからアウトドアまで暮らしの様々なシーンでお楽しみいただけます。

-Luisa Cevese Riedizioni × minä perhonen
“yamanami”
green / gray
¥2,500〜¥32,000(+tax)

お問い合わせ:
代官山店 03-6826-3770
金沢店 076-223-3722
松本店 0263-38-0137
piece, 東京 03-6440-0163
piece, 京都 075-353-8937
koti 0466-31-0737
call 03-6825-3733


つづき

2018.08.07

8月6日(月)に一度告知をさせていただきました、特別アイテムのお知らせの一部の価格が誤っておりました。
こちらにて改めてお知らせさせていただくと共に、お詫び申し上げます。

店頭では2018-19AWコレクションの展開が少しずつ広がり、新しい季節の空気が色付いてまいりました。
8月11日(土)と9月1日(土)の2回に渡り、直営店のみで展開する特別なアイテムを発売いたします。
代官山店、京都店、金沢店、松本店、metsäでの展開です。

2018-19AWコレクションからは、フィンランド語で「砂糖」を意味する無地のテキスタイル“sokeri”、
森のある日の景色がスタンプと鉛筆で描かれた“one day”、一筆一筆描かれたさざ波のような微かなラインが並ぶ“misty line”を、
コレクションとは装いを変え、新たなドレスやブラウスとして登場いたします。
また、アーカイブテキスタイルから2012年に発表いたしました“metsä”を、秋冬らしいシックな色調で展開いたします。
季節が熟してゆくのを緩やかに待ちながら、2018-19AWコレクションのアイテムとともに、ぜひご覧くださいませ。

【8月11日(土)発売】
-sokeri
ドレス ¥60,000 + tax
cotton 60% silk 40%
white / brown / charcoal

-metsä
コート ¥140,000 + tax
ドレス ¥76,000 + tax
base:wool 100% pile:acrylic 100%
light gray / brown

【9月1日(土)発売】
-one day
チュニックブラウス ¥56,000 + tax
ドレス ¥64,000 + tax
wool 88% nylon 12%
beige / green

-misty line
ブラウス ¥42,000 + tax
カシュクールドレス ¥64,000 + tax
wool 88% nylon 12%
blue / gray

*オープン時間よりも早くお並びいただいたお客様には、オープン時間の1時間前より整理券をお渡しいたします。整理券の番号順に、対応させていただきます。
通信販売:
8月11日(土)発売アイテムは、8月21日(火)より、
9月1日(土)発売アイテムは、9月4日(火)より、それぞれ完売前の商品につきましては通信販売を承ります。


お問い合わせ:
代官山店 03-6826-3770
京都店 075-353-8990
金沢店 076-223-3722
松本店 0263-38-0137
インフォメーションデスク 03-5793-3700


つづき

2018.08.07

毎月、piece, の店舗にてご予約いただけるalwaysのパッチワークデニム。
ロールアップ、ワイド、ストレートなどお好きな形のデニムを選んで頂き、
私たちのテキスタイルをパッチワークするカスタムオーダーをお受けしております。
今月は、piece, 東京にて10本、piece, 京都にて5本承ります。

丸い布と四角い布の中から、お選びいただくパッチワークの枚数に応じて価格が変わります。
9枚 ¥42,000 + tax
15枚 ¥45,000 + tax
29枚 ¥50,000 + tax

ご予約をお受けしてからお渡しまでは、ひと月ほどお時間をいただきます。
お客様にとって特別な1本となるよう、ひとつひとつ心をこめてご用意いたします。

お手持ちのalwaysデニムに穴があいたり、生地が薄くなった箇所へも、
パッチワークによるお直しのご対応もさせていただきます。
お直しをしたデニムは仕草や動作の跡を刻みこみ、2年、3年とさらに長くご愛用いただけます。

piece, 東京、piece, 京都にてお待ちしております。

お問い合わせ:
piece, 東京 03-6440-0163
piece, 京都 075-353-8937


つづき

2018.08.06

鹿児島で開催されるGOOD NEIGHBORS JAMBOREE(以下、GNJ)は、クリエイティブな活動を森のなかの廃校で楽しむ参加型フェスティバル。
音楽、クラフト、アート、食、文学、映像からスポーツまで、大人も子どもも楽しめるお祭りです。
9回目となる今回、 minä perhonenも「しょうぶ学園 / 工房しょうぶ」とのコラボレーションとして参加いたします。

GOOD NEIGHBORS JAMBOREE 2018
日時:2018年8月18日(土) 11:00〜21:00
http://goodneighborsjamboree.com/2018/

今回は、「工房しょうぶ」のみなさまとGNJのサポーターが一緒になって、
minä perhonenの余り布を組み合わせたバッグを1点1点作りあげました。
イベントの記念になるよう、バッグをお買い上げいただいた皆様にご自由に押して頂ける、イベントロゴスタンプもご用意されています。

- minä perhonen × しょうぶ学園 × GNJ オリジナルバッグ
¥3,500 + tax

*手作業で作られるため、デザインは1点1点異なります。
*この製品の売り上げ金の一部は「しょうぶ学園」に寄付されます。

また同日、 minä perhonen デザイナーの皆川 明と、
編集者 岡本 仁さん(Landscape Products/BAGN) とのトークイベントが企画されています。
GNJイベントチケットをお持ちの方はどなたでもご参加いただけるようです。

皆川 明×岡本 仁「移動は創造力と想像力を刺激するか!?」
日時:2018年8月18日(土) 12:10〜12:50 予定
http://goodneighborsjamboree.com/2018/gnc/1/


つづき

2018.08.03

パッチワークの組み合わせで様々に表情が変わるpiece, のプロダクト。
パッチワークの上に大きなちょうちょのプロッキープリントが施された、piece, ショルダーバッグの入荷のお知らせです。

両手がふさがらずお出かけに便利なショルダータイプは、
バッグの全体から、肩紐の部分までも細かなパッチワークが施されています。
お気に入りのひとつをみつけに是非お店へお越しください。

piece, ショルダーバッグ ¥18,000 + tax

piece, 東京、piece, 京都、kotiにてご紹介しております。
みなさまのご来店をお待ちいたしております。

お問い合わせ:
piece, 東京 03-6440-0163
piece, 京都 075-353-8937
koti 0466-31-0737


つづき

2018.08.03

8月11日(土)より、新たなランドリーシリーズを発売いたします。
代官山店、京都店、金沢店、松本店、koti、metsäでの展開です。
細いボーダーの上に星と花の刺繍が舞う“hoshi*hana”は、ライトグレーとネイビーの落ち着いた2色によるブラウスとドレスを。
爽やかなコットンにプリントした“oasis”は、着丈の長いブラウスとワンピースでご用意いたしております。
また、今の季節に合わせて、新たにコットン素材のインナーもご用意いたしました。
滑らかで着心地のよいキャミソールやキャミソールドレス、ロングスリーブのカットソーが店頭に並びます。
裾に“choucho”の刺繍をあしらっています。

-hoshi*hana
ドレス ¥50,000 + tax
ブラウス ¥30,000 + tax
cotton 63% silk 37%
light gray / navy

-oasis
ドレス ¥50,000 + tax
ブラウス ¥32,000 + tax
cotton 100%
green / blue

-choucho
Vネック キャミソール ¥7,500 + tax
Vネック キャミソールドレス ¥11,000 + tax
ラウンドネック 長袖カットソー ¥11,000 + tax
cotton 100%
white / light blue / navy
*それぞれにリネン素材の巾着袋が付いています。

*オープン時間よりも早くお並びいただいたお客様には、オープン時間の1時間前より整理券をお渡しいたします。整理券の番号順に、対応させていただきます。
*通信販売:8月21日(火)より、完売前の商品につきましては通信販売を承ります。
*誠に恐れ入りますが、ご購入いただける販売数の制限を設けさせて頂いております。ご了承くださいませ。

お問い合わせ:
代官山店 03-6826-3770
京都店 075-353-8990
金沢店 076-223-3722
松本店 0263-38-0137
koti 0466-31-0737
インフォメーションデスク 03-5793-3700

これからの季節を心地よく過ごせるようなアイテムの数々。
ぜひ店頭まで足をお運びくださいませ。


つづき

2018.08.01

イタリアを代表する陶磁器ブランド「Richard Ginori(リチャード ジノリ)」が、callのために特別にデザインしたリスの“NETO”と馬の“BARBERO”。
この絵が、「インペロシェイプ」と「ムラッティシェイプ」にあしらわれ、 プレート、スープカップ、カップ&ソーサーなど、全部で15種の食器が、8月4日(土)よりcallに並びます。

フィレンツェのRichard Ginori 社には実際にウサギが住んでいるのですが、そのウサギの架空の友達として描かれたのがリスの“NETO”。
躍動する馬の“BARBERO”と共に、食卓に並ぶだけでその愛らしさに思わず微笑んでしまいます。
皆様の食卓にも温かな空気が届きますように。

Richard Ginori “NETO” “BARBERO”
¥2,500〜¥5,000 + tax

お問い合わせ:call 03-6825-3733

photo by Hua Wang


つづき