2017.10.21

流れてゆく時に意識を傾ける今の季節によく似合う、Donatella Pellini × minä perhonen のアクセサリーを発売いたします。
Donatella Pellini(ドナテラ・ペリーニ)は、イタリアでパールやクリスタルなどの半貴石や、樹脂や紙、時に香辛料などのパウダーなど、様々な素材を組み合わせ、独特の表情を持つビジューを生み出しているブランド。
このたび、2017-18→AWコレクションに合わせてminä perhonenとのコラボレーションによる特別なアクセサリーを作っていただきました。candle、petal flame、jardinをレジン(樹脂)にとじこめたネックレスやバングル、ブローチなどが、10月21日(土)より、代官山店、京都店、金沢店、松本店、piece, 東京、callに並びます。
minä perhonenのテキスタイルとDonatella Pelliniの豊かな想像力から生み出された美しいアクセサリーは、装うだけで個性を引き立ててくれるような一品。
デザインとクラフトの融合を合わせ持ったDonatella Pelliniのアイテムを是非、店頭にてご覧くださいませ。

お問い合わせ:
代官山店 03-6826-3770
京都店 075-353-8990
金沢店 076-223-3722
松本店 0263-38-0137
piece, 東京 03-6440-0163
call 03-6825-3733


つづき

2017.10.21

minä perhonen一部店舗にて9月2日(土)より受注を開始しておりました、Artekとの「Stool 60 minä perhonen series 1」。10月21日(土)より、これまでにご注文いただきましたスツールの配送が始まります。一部の配色は既に受注完売となっておりますが、ご好評につき改めて下記配色のスツールもご注文いただけることになりました。お近くの取り扱い店舗までお問い合わせくださいませ。

「Stool 60 minä perhonen series 1」
・ choucho オレンジ/脚:ダークブルーラッカー *
・ choucho インディゴ/脚:レッドラッカー *
・ choucho グレー/脚:セージグリーンラッカー *
・ choucho オリーブ/脚:ピンクラッカー(callにてサンプルをご用意しております。metsäでのお取り扱いはございません。)
・ choucho ブルー/脚:クリームラッカー *  
・ tambourine イエロー/脚:ナチュラルラッカー(callにてサンプルをご用意しております。metsäでのお取り扱いはございません。)
・ tambourine ベージュ/脚:ナチュラルラッカー(callにてサンプルをご用意しております。metsäでのお取り扱いはございません。)

*こちらの4色につきましては、2018年4月頃のお届けを予定しています。その他3色につきましては、ご注文いただいてから1週間程度でお届けいたします。

受注店舗:金沢店 076-223-3722
     松本店 0263-38-0137
     materiaali 03-6821-3737 
     koti 0466-31-0737
     piece, 京都 075-353-8937
     call 03-6825-3733
     metsä及びインフォメーションデスク 03-5793-3700


つづき

2017.10.19

このたびcallにて、デザインユニットCOMPANY(カンパニー)による展示“MOSS MOSS Secrets of Southern Japan”を開催いたします。
minä perhonenがフィンランド・ヘルシンキで出会ったデザインユニットCOMPANYは、チャーミングで自由な発想の持ち主。Aamu SongとJohan Olinの二人が世界各地の伝統を継承するものづくりの現場を訪ね歩き、その技術に沿いながら新たなものをつくりだすプロジェクト「Secrets of 〜」のシリーズから、今回は九州との取り組みが発表されます。2016年春から何度も九州の工芸の担い手を訪ね、その自然や職人たちの温かな人柄に触れるうち、彼らは九州で新しい生活を象徴するようなプロダクトをつくりたいと考えるようになったと言います。
MOSS MOSSと題した今回の展示は、木や苔がメインモチーフとなりました。古来の森に棲むいのちの源泉を取り入れた、COMPANYによる解釈が楽しみです。
炬燵カバーに提灯、長太郎人形など、ラインナップも興味深いものばかり。この展示を通して、彼らの楽しいクリエイティビティを感じていただけましたら幸いです。

MOSS MOSS Secrets of Southern Japan by COMPANY (Aamu Song & Johan Olin)
会期:2017年10月28日(土)〜11月9日(木)
場所:call
お問い合わせ先:call 03-6825-3733

初日の10月28日(土)18:00〜19:30にはささやかなレセプションパーティを行います。Aamu SongとJohan Olinのお二人とご一緒に楽しいひとときをお過ごしいただけたら幸いです。

*11月1日〜12日には、SPIRAL1階 MINA-TOでもCOMPANYによる展示販売が行われます。合わせてお楽しみくださいませ。


つづき

2017.10.19

岩手の盛岡にある、宮沢賢治とゆかりの深い光原社。出版社からはじまった光原社は、さまざまな民藝運動家や作家との交流を経て、独自の視点でこれまでに様々な民藝を発信されてきました。このたび、minä perhonenが光原社に出張し、「ノマド展」と題して展示と販売を行うことになりました。
今回のためにデザイナーの皆川が描き下ろした手ぬぐいをはじめ、エプロンやバッグなど、暮らしの中で長くご使用いただきたいアイテムを揃えています。

minä perhonen ノマド展
日時:10月29日(日)〜11月5日(日) 10:00〜18:00 会期中無休
場所:光原社 いーはとーぶ館
   岩手県盛岡市材木町2-18
お問い合わせ:光原社 019-622-2894

初日の29日には、皆川も光原社にてみなさまをお出迎えいたします。
是非この機会に秋の盛岡へお出掛けくださいませ。

主な展開アイテム:手ぬぐい、ハンカチ、エプロン、衣類、バッグ(piece, bagやpanini bagなど)、巾着、Thank you bery badge、リボン、ブックカバー、クッション、ブランケット、ファブリックボード、インテリアファブリック、トレイ、うつわ


つづき

2017.10.16

ミナ ペルホネンのテキスタイルは、やわらかな風合いや繊細な色彩表現を大事にしておりますので、お手入れの際には、ひと手間をかけていただくことでより状態を保ちやすく、長くお楽しみいただけます。

たとえば、色について、濃色のものは多少の色移りや色落ちの可能性があります。淡色のものと接する、または摩擦があると、色移りする場合がございます。
ベースが濃色のテキスタイルに淡色の刺繍糸で刺繍を施したテキスタイルにつきまして、商品によっては水洗いの際に、すすぎで色水が出て、刺繍糸に色が移りやすくなる場合が稀にございます。
その場合にも、色が出なくなるまで何度か水をかえ、手で丁寧に押し洗いをして、色水がでなくなるまでこの作業繰り返してください。
色水が出なくなれば色移りの心配はございませんので、ご安心ください。
入念に脱水したのちは放置せず、すぐに干してください。

また、万が一、色移り又はご不明な点がございましたら、弊社までご相談ください。

ミナ ペルホネン インフォメーションデスク
E-mail info@mina-perhonen.jp
tel 03 5793 3700 (12時〜19時、月曜・年末年始休)


つづき

2017.10.12

ミナ ペルホネン デザイナーの皆川 明が題字と挿画を手がけた、日本経済新聞の夕刊連載小説『森へ行きましょう』。作家川上弘美さんにより2016年1月から2017年2月まで332話が連載されましたが、このたび一冊の単行本となり、全国の主要書店に並びはじめました。

紙面を飾った挿画も数点収録され、書籍化にあたっては新たに表紙と表紙カバーの絵を描き下ろすことで、再び皆川が参加させていただきました。カバーをめくるとまたそこに広がる世界。
川上弘美さんの物語と、物語の想像を膨らませる余白を生む山口信博さんの静かに美しい装丁が呼応する書籍を多くの方にご覧いただきたく思います。

-森へ行きましょう
著者 川上弘美
装丁 山口信博
装画・題字・挿画 皆川 明
発行所 日本経済新聞出版社
¥1,700 + tax


つづき

2017.10.11

10月14日(土)より金沢店、materiaali、metsäにて、新しいインテリアファブリックを発売いたします。この度は、インテリアファブリックとして初めて登場する“mademoiselle”をはじめとする刺繍のテキスタイルを3種ご紹介いたします。
2002S/Sシーズンに発表された「mademoiselle」は花々が浮遊するように描かれた儚げなテキスタイル。細い線で描かれながらも花びらの重なりが微細に表現された可憐な図案をリネン生地にてご用意しております。
また、細かな刺繍の粒の集積で光線を描いた「light stick」、インテリアファブリックのラインナップとして、いつもご好評いただいている「choucho」も清々しいリネン生地にて店頭に並びます。
葉が季節の色に染まってゆく日を心待ちにしている頃、ご自宅のインテリアにも新しい色を添えるようにお好みのテキスタイルをお選びいただけましたら幸いです。

-mademoiselle
linen 100%(生地幅145cm)
beige / pink / blue / green / charcoal
¥11,000/m + tax

-light stick
linen 100%(生地幅145cm)
beige / pink / blue / green / charcoal
¥16,000/m + tax

-choucho
linen 100%(生地幅150cm)
white / mint
¥11,000/m + tax

*インテリアファブリックのカットは、1m以上50cm単位で承ります。
*発売日初日はたくさんのお客様のご来店が予想されますので誠に恐れ入りますが、ご購入頂ける長さを、おひとりさま全種類合わせて合計10mまでとさせていただきます。
また、小分けのカットは承ることができませんのでご了承くださいませ。
*オープン時間よりも早くお客様にお並びいただいた場合には、10時より整理券をお渡しし、お渡しする整理券の番号によって対応させて頂く場合がございます。
*お電話による通信販売は10月17日(火)より開始させていただきます。通信販売でご案内できる商品は、店頭での在庫状況に応じてご用意できるものとなります。

さまざまに制限があり大変恐れ入りますが、お客様にお並びいただくことや、店内でお待ちいただく時間を少しでも短くできるよう努めて参ります。どうかご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ:
金沢店 076-223-3722
materiaali 03-6821-3737
インフォメーションデスク 03-5793-3700


つづき

2017.10.11

10月14日(土)より落ち着いた色を基調としたgalleriaのアイテムが、代官山店、金沢店、galleriaに並びます。
今回はアーカイブテキスタイルの中から、tambourineとforest paradeを選び、galleriaらしい装いのドレスやコートをご用意いたしました。
tambourineはシルクのジョーゼット生地で作ったドレスと、ウールのギャバジン織りのドレスとコート。シルクジョーゼットのドレスは、tambourineの刺繍もシルク糸を用いた贅沢な1着。ウールのコートは、ベージュのシルクの裏地が付き、襟ぐりに手刺繍によるブランケットステッチが施されています。
forest paradeのドレスはベールのように輝くコットンシルクのほのかな起毛が特徴のシャツドレスです。

-tambourine
ドレス ¥90,000 + tax
silk 100%
black

-tambourine
ドレス ¥82,000 + tax
コート ¥150,000 + tax
wool 100%
black

-forest parade
ドレス ¥63,000 + tax
cotton 65% silk 35%
beige / charcoal

同日よりgalleriaのアイテムに合わせたla fleurのコサージュもご用意いたしております。

各店舗へのお電話による通信販売は10月17日(火)より開始させていただきます。
通信販売でご案内できる商品は、店頭での在庫状況に応じてご用意できるものとなりますので予めご了承くださいませ。

お問い合わせ:
代官山店 03-6826-3770
金沢店 076-223-3722
galleria 075-353-2217

季節の深まりのように、静寂と落ち着きを感じさせるアイテム。
是非店頭にてご覧くださいませ。


つづき

2017.10.11

ミナ ペルホネン デザイナーの皆川 明が監修を務めるプロジェクト「POOL」。ライフスタイルショップのイデーにより展開され、ハギレや端材、販売できなくなった商品を集めてさまざまな作り手と共に新たな価値のある商品へと再生させる取り組みです。このたびイデーショップ 自由が丘店をはじめ3店にて、「POOLとしょうぶ学園」が開催されます。鹿児島にある知的障害者支援施設『しょうぶ学園』のアーティストと共に作られた自由で力強いアート作品や1点ものをはじめ、日々の暮らしが楽しくなるプロダクトなどが展示販売されます。

POOLとしょうぶ学園
会期:2017年10月13日(金)〜11月6日(月)
場所:イデーショップ 自由が丘店、イデーショップ ヴァリエテ(渋谷)、イデーショップ梅田店
*1点もの・アートの展示販売はイデーショップ 自由が丘店 / 梅田店のみで展開。

店舗詳細などは下記URLにてご確認くださいませ。
http://www.idee.co.jp/shop/news/201709/pooltoshobu.html

*10月14日(土)に開催されるトークイベントは、定員に達したために受付を終了いたしております。ご了承くださいませ。


つづき

2017.10.05

現在、伊勢丹新宿店にて開催されているイタリアウィークにて、デザイナーの皆川がデザインを施したRichard Ginoriの“SPERANZA(スペランツァ)”コレクションを、伊勢丹新宿店本館5階 センターパークでご覧いただけます。
10月9日(月・祝)には、25周年を迎えた「ELLE DECOR」のブランドディレクターである木田隆子さんと皆川によるトークイベントを開催いたします。
“SPERANZA”コレクションに込められた想いや開発にまつわる話、Richard Ginoriの工房での職人やデザイナーとのものづくりについて、お話しさせていただきます。

Richard Ginori “SPERANZA”コレクション 
会期:9月26日(火)〜10月10日(火)
会場:伊勢丹新宿店本館5階 センターパーク

皆川 明×木田隆子 トークショー
日時:10月9日(月・祝)13:30〜14:00
会場:伊勢丹新宿店本館5階 センターパーク
*たくさんのお客様にご来場いただいた場合、立ち見となることがございます。ご了承くださいませ。

どなたでもお聞きいただけますので、是非この機会に伊勢丹新宿店まで足をお運びくださいませ。


つづき

2017.10.05

“障害のある方”と多様な分野のプロフェッショナルによる国際芸術祭であるパラトリエンナーレ。今回わたしたちも、港南福祉ホーム×minä perhonenとして参加いたしております。
minä perhonen は2014年より港南福祉ホームに余り布をお渡しし、所員の方々にご自由に刺繍を施していただく“sing a sewing”というプロジェクトを行っています。刺繍を幾重にも重ねたり、余り布を縫い合わせたり、同一方向に刺繍を刺したり。これまでにできあがった作品は、ひとつひとつが唯一無二の表情を湛えていて、テキスタイルをお渡しする私たちは改めてその力に心動かされています。
10月7日(土)より3日間開催されるパラトリエンナーレでは、これまでに制作されたものの中から13点を額装し、展示販売いたします。個性豊かな作品たちをどうぞご覧くださいませ。

ヨコハマ・パラトリエンナーレ 2017
会期:10月7日(土)〜9日(月・祝)
   16:00〜21:00 *入場無料
会場:象の鼻テラス、象の鼻パーク
   神奈川県横浜市中区海岸通1丁目
お問い合わせ:横浜・パラトリエンナーレ2017事務局 070-5453-7154
http://www.paratriennale.net/


つづき

2017.10.04

piece, は、ものづくりの過程で生まれた余り布を集めあわせ、新しいプロダクトをつくるプロジェクトです。

いま、minä perhonen piece, とkotiの店頭には、新しいバスケットタイプのバッグが届いています。
底が楕円の自立するバッグは、お出かけだけでなく、インテリアでもお役立ていただけるアイテム。生活の中で使うスリッパや用具などをまとめておくにも、空間に色をもたらしてくれます。
布の組み合わせによる個性の違いを店頭でお楽しみいただけましたら幸いです。

-バスケットバッグ  ¥30,000 + tax

piece, ではほかにも、余り布を取り入れたバッグや小物が時折入荷します。アーカイブのテキスタイルが顔を覗かせるプロダクトは、その時々の出会いを待ち控えております。ぜひお立ち寄りくださいませ。

お問い合わせ:
piece, 東京 03-6440-0163
piece, 京都 075-353-8937
koti 0466-31-0737


つづき

2017.10.03

毎日の定番としてお楽しみいただきたいalways デニム。
piece, 東京、piece, 京都では、alwaysのデニムをリメイクして、お客様の特別な一本をおつくりするオーダーを、毎月限定でお受けしております。
10月は、東京で10本、京都で5本、承ります。
丸い布と四角い布、二種類をご用意しております。

デニムの価格は、パッチワークする枚数に応じて異なります。

9枚 ¥42,000 + tax
15枚 ¥45,000 + tax
29枚 ¥50,000 + tax

店頭にご用意しているデニムから、形とカラーをお選びいただき、テキスタイルと配置もお気持ちをおうかがいして参ります。
メンズサイズのご用意もございます。

ご予約をお受けしてからお渡しまでは、ひと月ほど。
お客様にとって特別な一本となるよう、ひとつひとつ心をこめてご用意いたします。
写真はリメイクの一例です。

お気に入りの一本をつくりにpiece, 東京、piece, 京都へ是非いらしてくださいませ。

お問い合わせ:
piece, 東京 03-6440-0163
piece, 京都 075-353-8937


つづき

2017.10.02

湖を思わせる柔らかな楕円のフォルムに模られた新たな食器シリーズ「lake」を、10月7日(土)より金沢店、松本店、materiaali、 piece, 東京、piece, 京都、koti、にて、10月14日(土)よりmetsäにて発売いたします。
波立つ水面に図案が浮き立つようなマットな質感の食器。うさぎが群れを成して駆けてゆく様子を描いた“run run run”と、母鳥と幼鳥が湖に身を預け、羽を休めている束の間の風景を表現した“winter lake”を食器にデザインいたしました。

-lake “run run run”
プレート大 ¥6,000 + tax
プレート小 ¥3,500 + tax
white / brown

-lake “winter lake”
プレート大 ¥6,000 + tax
プレート小 ¥3,500 + tax
white / brown

各店舗へのお電話による通信販売は10月14日(土)より開始させていただきます。
通信販売でご案内できる商品は、店頭での在庫状況に応じてご用意できるものとなりますので予めご了承くださいませ。

お問い合わせ:
金沢店 076-223-3722
松本店 0263-38-0137
materiaali 03-6821-3737
piece, 東京 03-6440-0163
piece, 京都 075-353-8937
koti 0466-31-0737 
インフォメーションデスク 03-5793-3700

太陽に反射して煌めく湖面や、触れると広がる小さな波など、食器から想像が膨らみストーリーが生まれるような一品。
ぜひ店頭にてご覧くださいませ。


つづき