2016.11.30

piece, 東京、piece, 京都にて
オーダーを承っておりますリメイクデニム。
これまでに発表したミナ ペルホネンのテキスタイルを
パッチワークしたオリジナルの一本が出来上がります。

12月分のご予約としてpiece, 東京では限定10本、

piece, 京都では限定5本のオーダーを承ります。

価格は、パッチワークの量に応じて、3段階でご用意しております。

9枚 ¥42,000 + tax
15枚 ¥45,000 + tax
29枚 ¥50,000 + tax

店頭にご用意しているデニムから、形、カラーをお選びいただき、
パッチワークのテキスタイルと配置のご希望をスタッフがお伺いいたします。
デニムはメンズサイズのご用意もございます。

ご予約をお受けしてからお渡しまでは、ひと月ほど。
お客様にとって特別な一本となるよう、
ひとつひとつ心をこめてご用意いたします。
画像はリメイクデニムの一例です。

お問い合わせ:
piece, 東京 03-6440-0163
piece, 京都 075-353-8937

お気に入りの一本をつくりに
piece, 東京、piece, 京都へ
是非いらしてくださいませ。


つづき

2016.11.28

イタリアに工房を構える「HENRY CUIR(アンリークイール)」。
職人たちの手から生まれる一点一点は、シンプルな中にこれからも続く時の豊かさを漂わせます。
このたび、アンリークイールとミナ ペルホネンが出会い、Aventure de printemps(春を探しに)と題したコラボレーションアイテムの
バッグやポーチが出来上がりました。

12月8日(木)より、ミナ ペルホネンでは代官山店と京都店にて、またアンリークイール各店にて、ご紹介して参ります。
革の持つ独特な風合いを活かしたバッグや、片面にミナ ペルホネンの生地を配したポーチなど、アンリークイールの定番の形にミナの生地が組み合わされ、新たな情景を鮮やかに描いています。

お問い合わせ:
代官山店 03-6826-3770
京都店  075-353-8990

アンリークイール、代官山店、京都店、それぞれの店舗でご覧頂ける商品は異なります。
あらかじめご了承下さいませ。

人生の中で長く共に過ごしていただけたら、という願いを込めてものづくりを進めるふたつのブランドによる今回のコラボレート。
ぜひ店頭にてご覧くださいませ。


つづき

2016.11.25

9月にフィンランド・ヘルシンキのArtekにて開催されたポップアップショップが、12月1日より今度はベルリンにて開催されます。
Artekとのコラボレーションによるクッション、マスキングテープや、ミナ ペルホネンのクッション、バッジ、ボタンなども並びます。

minä perhonen pop up shop in artek Berlin “SILMÄNISKU”
期間:12月1日(木)〜31日(土)
   10:00〜20:00
オープニングイべント:12月4日(日) 17:00〜20:00
*17:00〜18:30にはデザイナーの皆川がstool60に絵を描きます。そのスツールはのちに、CUCULAという難民と共に手掛ける工芸とデザインのプロジェクトの寄付のため、オークションにかけられます。
場所:Artek Berlin @ Bikini Berlin
   Budapester Str. 38-50, 10787 Berlin

ベルリン近郊にお住まいのみなさまや、日本からご旅行などでいらっしゃる方にもぜひ足をお運びいただけると幸いです。
みなさまのご来店をお待ちいたしております。


つづき

2016.11.25

昨日は東京にも雪が降り、吐く息も白く淡雪のように空へと昇る景色が広がりました。いよいよ今年もクリスマスがやってきます。

ミナ ペルホネンでは、ささやかなクリスマスプレゼントとして、お買い上げいただきましたお品物にあわせてギフトラッピングを無料にて承ります。
代官山店松本店piece, 東京koticallは12月1日(木)より、京都店piece, 京都arkistot京都galleriaでは12月5日(月)より、12月25日まで。

metsäでは11月26日(土)よりクリスマスギフトセットを少しずつ発売してまいります。今年新たに特別なファブリックボードやクッションなどもラインナップに加え、マフラーやバッグを含め数種類のギフトセットをつくりました。

それぞれの店内も、クリスマスの装いになっています。大切な方やご自身への贈り物を探しに、ぜひいらして下さい。

お問い合わせ:ミナ ペルホネン インフォメーションデスク 03-5793-3700


つづき

2016.11.24

先日より多治見のギャルリももぐさにて開催されている「つくりの回生V」。連日、たくさんのお客様にご来場いただき、ありがとうございます。

今回はデザイナーの皆川 明と安藤雅信さんとの陶作品やミナ ペルホネンのアイテムを期間中ご覧いただけるほか、11月26日(土)、27日(日)にはchoice bagのオーダーを承ります。panini bagの表面、裏面それぞれに、NATURE、ANIMAL、GEOMETRICの3つのキーワードからお好きなテキスタイルテーマをお選びいただきますと、テーマに沿ったテキスタイルを組み合わせ特別なpanini bagをおつくりいたします。

choice bag ¥14,000 + tax

また、お好きなデニムをお選びいただき、forest paradeやwolf & flowerなどのモチーフをパッチワークさせていただくオーダーデニムや、2017 S/Sコレクションで発表のtambourineが並ぶ靴「aina」のご予約も承っております。

森の澄んだ空気に満ちる冬のももぐさに、是非ご来場くださいませ。

minä perhonen + 百草 つくりの回生V「森をぬけて」

会期:11月19日(土)〜12月4日(日)
   11:00〜18:00
   *choice bagのオーダーは11月26日(土)27日(日)に承ります。
会場:ギャルリももぐさ
   岐阜県多治見市東栄町2-8-16
お問い合わせ:0572-21-3368


つづき

2016.11.22

明日祝日に、南青山のcallにて、皆川 明と、ガラス作家のマッシモ・ノルディオさん、マッシモさんのパートナー松居由里子さんと3人で、ギャラリーツアーを行うことにいたしました。
京都・ガッレリアでの展示を終え、callへと巡回してきたMASSIMO NORDIO ANTHOLOGY展は、11月27日まで。ヴェネツィアからたくさんの作品とともに来日してくださったマッシモさん。その温かくチャーミングなお人柄を通して、改めて作品をご覧いただく機会にしたいと思っています。
店内は通常営業中ですが、ゆるやかに作品について語るオールスタンディングのトークです。先着30名様は整理券をお配りして、比較的聞きやすい場所をご案内させていただきます。
あいにくの雨の祝日となりそうですが、雨宿りのすてきなひとときに、ぜひcallをお役立てください。

11月23日(水・祝) 15時〜1時間ほど
先着30名・無料
23日11時より、callレジカウンターにて整理券をお配りいたします。

お問い合わせ:
call 03-6825-3733


つづき

2016.11.15

岐阜県 多治見の森をぬけると現れる ギャルリももぐさ。今回5回目となるminä perhonen + 百草「つくりの回生」のお知らせです。
デザイナーの皆川とももぐさのオーナーで陶作家である安藤雅信さんとのコラボレーションの陶作品や、コート、ドレス、余り布を組み合わせたpiece, bagやusagi cushion、トレイやファブリックボードなどが並びます。

会期:11月19日(土)〜12月4日(日)
   11:00〜18:00
会場:ギャルリももぐさ
   岐阜県多治見市東栄町2-8-16
お問い合わせ:0572-21-3368

*11月19日(土)20日(日)は10:00より、ももぐさ玄関前にて入場整理券を配布いたします。(混雑状況に応じ、21日以降も整理券を配布する場合がございます。)
*ギャラリー内では展示の都合上、お手荷物をお預かりいたします。保管上の混乱を防ぐためにも、できるだけ小さくまとめたお手荷物でお越しいただきますよう、お願い申し上げます。

モノに込められた手仕事による時間、想いが、モノを通してみなさまに届きますように。


つづき

2016.11.11

冬の訪れとともに、食卓を彩る新たなトレイが出来上がりました。
11月12日(土)より松本店piece, 東京piece, 京都koticallmetsäにて発売いたします。

今回は四角い形と蝶の羽をかたどったもの、二種類の形をご用意いたしました。
舞い降りる雪を自らの模様にしてしまう動物が愛らしいcaravanや、いきいきと育つ植物を描いたpleasure herbなども登場いたします。
お気に入りのトレイとの時間をみつけにぜひいらして下さい。

四角いトレイ
-bird
-choucho
-caravan
-pleasure herb
大 28 × 36cm ¥6,200 + tax
小 20 × 27cm ¥3,500 + tax

羽型トレイ
-carnival
-tambourine
-wataridori
27.8 × 34cm ¥5,000 + tax

お電話による通信販売は、11月15日(火)から開始させていただきます。
通信販売でご案内できる商品は、店頭での在庫状況に応じて
ご用意できるものとなりますので、予めご了承くださいませ。

※callでは通信販売は承っておりませんので、予めご了承くださいませ。

お問い合わせ:
松本店 0263-38-0137
piece, 東京 03-6440-0163
piece, 京都 075-353-8937
koti 0466-31-0737


つづき

2016.11.10

11月9日より15日まで伊勢丹新宿店本館にて、マルニ木工との取り組み「ふしとカケラ」の第三弾、「Barabara Lovers.」が開催されています。森の景色を薔薇の花に潜ませたようなパッチワークや、木部にカラーを施した軽やかなチェア、また皆川 明がデザインしたKvadrat社の新作テキスタイルをつなげた穏やかな色調のソファRoundish  初めての試みによる新しい景色が、1階のザ・ステージに広がっています。
また、HIROSHIMAとRoundishのかたちを模したハンドバッグは、パッチワークの華やぎがあって、年末のお出かけに早速お持ちいただきたいものばかりです。
さまざまな色をまとう一脚が、暮らしの中で空気を揺らし、空間に彩りをもたらしますように。
どの椅子も、新しい暮らしとの出合いを待ち会場で皆さまをお迎えいたします。
ぜひお出でくださいませ。

「Barabara Lovers. MARUNI COLLECTION with minä perhonen」
会期:2016 年11 月9日(水)〜11 月15日(火)
場所:伊勢丹新宿店本館1階 ザ・ステージ
   東京都新宿区新宿3-14-1
お問い合わせ:03-3352-1111(大代表)


つづき

2016.11.08

東京では銀杏が黄金色を見せ始め、木枯らしが吹きそうな空模様です。立冬を迎え、piece, 東京、piece, 京都、kotiには動物の姿をしたクッションを賑やかに揃えました。
空想にふけるかのように空を見上げるusagi。長い手足でぶら下がるのが得意な、愛嬌たっぷりのonomekaman(逆さに読むとナマケモノ!)。
さまざまなテキスタイルをまとい、お店の空気を温めています。

usagi クッション
¥15,000 + tax 〜

onomekaman
¥23,000 + tax 〜

店舗によって、お待ちしている動物たちのテキスタイルの組み合わせはさまざま。
ほかにもいくつかの動物クッションが、それぞれのお店でお客様との出会いをお待ちいたしております。
ぜひ、お気に入りのひとつを見つけに、各店にお立ち寄りくださいませ。

お問い合わせ:
piece, 東京 03-6440-0163
piece, 京都 075-353-8937
koti 0466-31-0737


つづき

2016.11.02

広島の家具メーカー マルニ木工との取り組みで、2013年と2015年に発表してまいりました「ふしとカケラ」。特徴的な木目やフシのある木でつくったアームチェアに、ミナ ペルホネンの余り布による座面の取り合わせ。このたび第三弾として、「Barabara Lovers.」をテーマに、薔薇(バラ)の花のようなパッチワークを座面にしたHIROSHIMAが生まれました。特別に、チェア本体にカラーを施した限定カラー5色も登場。また、ソファRoundishにも、Kvadratからリリースされた皆川 明デザインのテキスタイルが採用され、パッチワークが施された1シーターから3シーターまで美しい色どりのRoundishが仕上がってきました。
今回の伊勢丹での販売に合わせ、ミナ ペルホネンでは椅子とおそろいのパッチワークとなるkakera bag -HIROSHIMA-、kakera bag -Roundish-をご用意いたしました。

「Barabara Lovers. MARUNI COLLECTION with minä perhonen」
会期:2016 年11 月9日(水)〜11 月15 日(火)
場所:伊勢丹新宿店本館1階= ザ・ステージ
   東京都新宿区新宿3-14-1
お問い合わせ:03-3352-1111(大代表)

薔薇の花のパッチワークが、また新しいチャーミングな表情をHIROSHIMAに添えることができているなら、嬉しいです。ぜひ皆さまの目で、それぞれのバラバラをお確かめいただけましたら幸いです。


つづき

2016.11.02

マッシモ・ノルディオさんはヴェネツィアのアーティスト。デザイナー皆川 明とも親交が深く、皆川がマッシモさんのガラスに魅せられたことは、著書「今日のまかない」(マガジンハウス刊)でも写真とともに触れています。
マッシモさんがこれまでにつくってこられた美しいガラスを、詩を編むように集めました。透明の中に描かれるひそやかな景色も、力強い色ガラスも、どちらもマッシモさんの自然から生まれ出る姿。この特別な機会のために選ばれた作品たちを、「アンソロジー(名選集)」と名付けてご紹介します。

MASSIMO NORDIO ANTHOLOGY
-galleria(京都)
11月11日(金)〜11月16日(水) 12:00〜19:00
*作家在店日 12日(土)、13日(日)

-call(東京)
11月19日(土)〜11月27日(日) 11:00〜20:00
*作家在店日 19日(土)、23日(水)、26日(土)

みなさまのご来場をお待ちいたしております。


つづき